2012年12月22日

丸川くん家の猫たち 第五席 晩夏のメリークリスマス

1.これまでのお話 2分12秒
2.秋の訪れ 11分08秒
3.秋刀魚とよっぱらいさん 8分51秒
4.眠る猫の町 10分56秒
5.丸川くん家のひみつ 12分59秒
6.遠足と猫会議 8分42秒
7.僕はキミのともだち 17分01秒
キャスト
宮地瀬利=保志総一朗、丸川ミキオ=石田彰
大平秀介=藤原啓治、東条寺志岐=鈴村健一
カンタさん=中村悠一、デカチョーさん=中井和哉
オハナさん=岡村明美、丸川リト=宮田幸季
城田=松田健一郎、他

フリルラ限定特典『宮地くん家のお客さま』9分50秒
宮地瀬利=保志総一朗、丸川ミキオ=石田彰



最終巻です。
いよいよ海浜公園に工事の手が・・・政治的後押しをしたのは志岐の父(&デカチョー)で。
ミキオは町を守るため瀬利、志岐、秀介を逃がし、デカチョーさん(&城田)を道連れに自殺を決意をする。
そして、リトから語られる丸川家の過去。江戸〜明治〜そして55年前の丸川化学工場の事故。
実年齢72歳のミキオ!?衝撃事実でしたね。(事故の結果17歳で見た目年齢は止まっているそうですが)
ついでに秀介がオハナさんにプロポーズして結婚したのも衝撃事実w
海浜公園の土地はこの先、瀬利に託されるんですね・・・

デカチョーさんとミキオの会話の間の取り方が好きです。今回、二人の掛け合いが多いですしね
ミキオの話で物語がシリアス路線に入ろうとしても、瀬利のキャラクターのおかげで、あまり重くならずにすむ、あの二人の関係性も楽しいですがv
それにしても、改めて見ても、丸川ミキオのビジュアルがカヲル・・・・

『宮地くん家のお客さま』
クリスマスイブになぜか、たこ焼きを焼き売る瀬利、チキンにマヨネーズ、ジャム、わさびをかける瀬利・・・(総一朗寿司かっ!)
どっかズレてる残念な子瀬利を諫めるミキオ。
なぜか石田さんと保志さんのやる役のコンビはこんな関係が多い気がする。
「普通に明石家サンタ見る?」と「特別な明石屋サンタ見よ?」がツボ(笑)明石屋サンタにこだわるなぁ、丸川。
最後は二人のホワイトクリスマス。すごくしんみりでほのぼのでしたw
posted by びたみん at 15:38| '10年〜'12年CD&DVD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする