2012年11月11日

ドラマCD妖怪アパートと幽雅な日常

track1 妖怪アパートの住人たち 9分51秒
track2 春が来た 14分49秒
track3 プチ・ヒエロゾイコン 7分44秒
track4 俺の(夕士の)心、長谷の想い(特別書き下ろし) 11分32秒
track5 フリートーク 24分36秒
キャスト
稲葉夕士=阿部敦、長谷泉貴=中村悠一、クール=子安武人
久賀秋音=沢城みゆき、一色黎明=石田彰、深瀬明=中井和哉
古本屋=杉田智和、龍さん=森川智之、佐藤さん=遊佐浩二
骨董屋=速水奨
鳥1〜3=子安武人、森川智之、杉田智和
コクマー=遊佐浩二

摩訶不思議な世界観。(※原作未読です)
人間と妖怪と幽霊が楽しく賑やかに暮らすアパートを舞台に、真面目な人間ドラマが展開されてます。
人とのつながり、絆って大事だね、みたいな。
これは初ドラマCDということで、まだまだお話としては導入編という感じで、特にこれという展開はないんですが、まぁこのキャスト陣ってだけでニヤニヤが止まりませんね(笑)
そして、原作者&漫画家さんのレポートにニヤニヤw
本当に「NGが聞ける」「素声の会話」「超美声謝罪」がうらやましい。
レポートにもありましたが、物語は夕士の一人称で進むので阿部さんが大変。

とっても長いフリートークv24分もありますよ!
進行は阿部さん
質問は『演じてみての感想』『色んな人や妖怪が住むアパートでしてみたいこと』『学生時代の思い出』
阿部さん→中村さん→石田さん→沢城さん→中井さん→森川さん→子安さん(こっから別どり)遊佐さん→速水さん→杉田さんの順でのトーク
めずらしくキャストがほぼ揃っている中でのクロストークです。
会話に喰い気味の中井さんw珍しい
そして、やたらと鳥先輩(子安さん)で話をひっぱる皆さん。トークが賑やかです。
石田さんの妖怪にして欲しいことは「夜中に行くごみ捨てがとても怖いので、予め最初から妖怪に居てもらう。最初からだと怖くない」からだとか、、相変わらずの発想の転換で。。。
次の4巻もCD付きだそうで、忘れずに予約しないとなぁ
posted by びたみん at 17:41| '10年〜'12年CD&DVD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする