2020年01月03日

紅白視聴率

1月2日〜3日になると途端に各社が紅白の視聴率を取り上げた記事を書く昨今
令和初の紅白は「歴代ワースト視聴率37・3%」だったんだそうで

うん、ってかワーストで37.3%も取るのねという純粋な驚きもありますが
このご時世、歌番組でこんなに高い数字を取る番組は他にないだろうし、
これから先、紅白だからといって数字がそんなにあがることはないんじゃないんでしょうか?

今回、紅白初出場だった歌手の皆さんも、あらかた話題になった面々だし、妥当なんじゃ?と個人的には思っていたんですが
年齢層が高めな職場は「一人も知っている歌手がいない!」と文句を言っているのも聞こえてきていました。
私は、もちろん紅白も楽しく観ましたけど、翌日にあったバーチャル紅白も楽しく観ていたりするオタクなので
結構いろいろな番組を全力で楽しんでいるのですが
正直、まわりの状況を見るともうすでにTVが全年齢を対象にできるコンテンツとするには無理があるようにしか感じません。

最近ネットニュースでやたらとイッテQの対抗馬としてあげられる「ポツンと一軒家」ですが
確かに丁寧に作られてるし、面白い番組です。
でも、視聴世帯調査でもよく語られているように、だいぶ高齢世帯に偏った番組なんですよね。
(毎年恒例『新春TV放談』でも話題に出ていましたが)
高齢世帯向け番組をつくると、比較的楽に数字は取れる。と聞きます。
でも、それではあと10年後、20年後にその視聴世帯がまるっといなくなるわけで、、、

なので最近のNHKは実験的な番組をいろいろ試しているのかな?と感じていました。
紅白の低視聴率が話題に出ると「昔のように〜」的なコメントが毎度いくつもつきますが
きっと、昔ながらの紅白に戻しても、今更昔のような高視聴率は取れないと思いますけどね。
posted by びたみん at 18:03| 日常日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする