2019年02月24日

松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD ゲスト:内村光良

2月22日に放送されたオールナイトニッポン。
リアルタイムで聴いてはいたんですが、バタバタしていて二日遅れでの感想です。

いや〜紅白の裏話も色々興味深かったですし、ウリナリの話もポケビの「ミレニアム」も懐かしかったですが、
ウンナンさんがオールナイトニッポンをやられていた時の事は知らないので、
「今、僕たちにできる事」初めて聴きました!(たぶん)
こんなのあったんですね。
※オールナイトニッポン・パーソナリティーズ「今、僕たちにできる事」
発売日1993.05.21
(石川よしひろ、ウッチャンナンチャン、加藤いづみ、北原ゆき&松永並子、久保こーじ、清水宏、橘いずみ、電気GROOVE、2・3'S、福山雅治、松任谷由実、裕木奈江)
そもそもこの方がオールナイトニッポンのパーソナリティーをやっていたなんて!な人もチラホラとw

今回の放送。他にも、内村さんが嵐にしやがれのユーミンさんゲスト回に楽屋にご挨拶に行っていたお話や初めての月9の話
娘さんにかけっこで負けた話(ってか、娘さん滅茶苦茶足早くね?)なんてものもあり、面白く聴かせていただきました。
豪華な2時間でしたね〜


ついでに最近発売された雑誌も
・TVガイド&ザ・テレビジョンの『スクール革命』特集
両誌とも、インタビュー内容はほぼ同じなんですが、全員で喋ってる部分が長かったTVガイドの方が個人的には好きだったかな?
こっちではド深夜に放送されている番組ですが、あのワチャワチャしたアットホームな感じが大好きな番組ですね。


・DIME4月号『内村光良 人間力コミュニケーションの極意』も読みました。
昔からずっと続けているおもしろい人をメモする癖のこと、アイデアを生み出す努力について
そして、4月からはじまる朝ドラのナレーションに向けてのイントネーション矯正の話。
インタビュー記事は3Pですが、とても内村さんらしさを感じたインタビューでした。
posted by びたみん at 11:55| ウンナンさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

アート引越センターCM

ようやくアート引越センターのCM、地上波録画に成功・・・
結構時間がかかりました;
というのも、アート引越センターさんがスポンサーをやっている番組がなかなか特定できなくて(苦笑)
先週「秘密のケンミンSHOW」の提供で見かけて、今週無事捕獲w
ほんと、特定のCMをねらって録画するのって大変ですよね。
posted by びたみん at 09:59| 石田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

Febri Vol.53

「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2」特集。18ページ
石田さんのインタビューは3ページあります。

虚淵さんの方のインタビューで出ていた
〜現場にて〜
石田「脚本の段階ではいいことをしているっぽいのに、人形がすごい悪人面をしているけど、どちらなんですか?」
虚淵「そもそも、いいとか悪いとかの感覚がなく行動している」
→この会話後、一発でキャラクターを理解〜の流れは、凄すぎて笑いましたが

その後の石田さんのインタビューでは
「彼がこだわり、求め続けていた答えがあのようなものだったということに対しては、実は僕自身もまだ整理がついていません」
と語られていたので、完全理解とまでには至っていなかったんだな、とも思いました。

また、石田さんのインタビューでは、技術面のことにもふれていて
本来はひとりの口拍師が演じる人形劇ということで
〜原音とセリフの尺が合わないので、間を引き延ばしつつ、台本のセリフのニュアンスが変わらない範囲で言葉を足す、そういう作業が毎回必要だった。
〜洋画のアフレコに近いけど、原音のレシーバーがなく、口パクもあまりないので、事前に家で映像と原音を確認しつつ、お芝居とアクションの尺を覚え、どのアクションにどのセリフを合わせるかを考えておく作業が重要だった。
等、興味深いお話もたくさん知れて、とても面白い記事でしたね。
posted by びたみん at 18:39| 書籍メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian

征陸さん@有本欽隆さんの遺作ともなったこの作品。しっかり観てきました。

征陸さんと須郷さん(と青柳さん)が出会った頃の話だったので、1期の頃のメンバーがほぼ勢ぞろいで懐かしかったですね。
まだ宜野座さんは監視官ガミガミメガネの頃だしw(朱ちゃんが着任する前なのでいませんが)
とにかく今回は”とっつぁん”が格好良い!
なにより、縢が元気にお仕事をしている姿に始終ほっこりしていました。
狡ちゃんとコンビを組んで、悪態つきつつも果敢に犯人に突っ込んで行く姿が懐かしい、、、

今回は沖縄組(征陸&須郷&青柳)と東京&北九州組(宜野座&狡噛&縢)にわかれての捜査で
さらに2112年と2116年の世界が出てくるので、かなり場面が飛びます。
しかも、凄惨な戦争や虐殺の場面も続く中、そのなかでも沖縄の綺麗な空と征陸さんが奥さんに会いに行くシーンや、宜野座さんとの親子のシーンがとても印象に残りました。
まぁ相変わらず、サイコパスらしく厚生省と国防省と外務省の組織対立とか、大人の面倒くさい事情目白押しなんですけどね;
上層部が人を駒のひとつぐらいにしか思っていないのも相変わらずだったしな。

ただ、もう新作では会えないだろう思っていた縢が再び見れてとても幸せでした。

posted by びたみん at 18:02| アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

FAIRY TAIL「400年の時を超え」

やっぱりゼレフはあっさり滅びはしませんでしたねぇ。

それにしても、情報量が・・・
事前に知っていた情報もありましたけど、それ以上に新事実満載で、頭が追いつかないですよ、ゼレフさん!
もっと小分けに説明して!とw
フェアリーテイルをずっと欠かさず見ている。というわけではないので、今、1回聞いたくらいでは完全に理解できていません・・

・・・えっと、ゼレフが死ぬとナツも死ぬってことは、今もナツはゼレフの魔力ありきで生きてるってことなのかな?
ゼレフが作ってイグニールに預けた時点で、完全に手を離れているのかと思っていましたが;

そして、400年の時を越えていたのがナツだけじゃなかった衝撃。
てっきりゼレフ同様人外だから、ナツもしらっと400年くらい生きているのかと、勝手に思っていましたが、、
あーそんなカラクリだったのかー!と。
そうだよね。色々辻妻が合わないよねーと。
何だか色々スッキリした回でした。

で、どうやらこれから見れるかもしれない、本気になったゼレフの「皇帝に相応しい服」。
今から楽しみですv
posted by びたみん at 10:03| アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

アート引越センターWEBアニメ

アート引越センターのWEBアニメで引越ロボット”アーボット”役で石田さんがご出演中。

SPムービーの「未来だって引越はアート!」篇だけじゃなく
ホバートラック、エコ楽ボックスAQUA、ホバーキャリアの説明も担当されていますね。

これ、そのうちTVCMバージョンとか作られないのかなぁ?

とりあえず、まずは葵わかなさんバージョンの地上波CMをどっかで録画成功しときたいなw
こっちもアーボット君喋ってるし
posted by びたみん at 10:50| 石田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

anan2138号 

Perfumeの連載『のっちのイチブ』読みましたv
いや〜ananって滅多に買わないんですけど、地方でもちゃんと発売日に出るんだ〜と、昨日本屋さんで発売日に棚に並んでいる姿にちょっと感動しました。(さすがメジャー誌w)

それはともかく、本当に予想以上に石田さんだらけの回でしたね。
石田さんが「はたらく細胞」の一般細胞役で登場してからのがん細胞化で盛り上がったあの時の話やら、
NHKドラマ「昭和元禄落語心中」のW八雲対談がBD特典に決定して、それに見事に釣り上げられている様とか、、、、なんという親近感w
のっちさんが元々アニメや漫画に対して造詣が深いことは聞き及んでおりましたが、ここまでとは!?でしたね。

そして、何だかずいぶんのっちさんと距離のあるツーショット写真だったのも、ある意味石田さんらしくていい感じでした
posted by びたみん at 10:27| 書籍メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

モブサイコ100U 第5話「不和〜選択〜」

すごい絵がぬるぬる動く!
バトルものとしては素晴らしく、前情報どおり本当に劇場版を見ているようでした。

ただ、これ・・原作をかなり飛ばし気味で作られているのかな?
言われていたほどは、精神的ダメージもなかったですし
個人的にはモブの心の変化も展開が早すぎて、ちょっと感情移入が追い付いていかなかったかな?という感じですね。
・・流れとしてはわかりましたけど、原作を読んでいたらまた違ったのかも

最後に最上の霊体が魔津尾の瓶に閉じ込められていたりもしたので、成仏したわけでもなさそうですし・・・
何だかちょっと、モヤっとしたラストではありましたが
まぁ、石田さんも全力で相手を潰しにいっていましたしw(演技で)
なんやかんや、大金がサイコヘルメット教に振り込まれるオチには笑いましたv

そして、第5話の提供バックです。
審査員を石田さんが担当した今回、https://t.co/1C5cMJQKPf にコメントも掲載されていますが、、
選ばれた作品のクセが全体的に強い!
審査コメントが『提供バックということなので、何はともあれスポンサー名の白抜きテロップが見やすい色調であったことと、背景として置かれても作品の世界観を伝えられる線の強さがあったから』と、ものすごく真面目に審査されていたようなんです・・・
お気に入り作品の『「気色悪い」という方向性のインパクトが群を抜いていたので』と選ばれたあの作品は、石田さん絶対遊んでますよねw



posted by びたみん at 11:39| アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

ボルトと賭ケグルイ

BORUTOに久しぶりに我愛羅が登場しましたね!
オオノキ様のお葬式に五影として出席していただけなので、セリフは少なめでしたけど、、、
三代目土影のオオノキとは我愛羅も色々ありましたからね・・・なんだか懐かしい。

そして、賭ケグルイ××の方も尾喰凛が少し動き出したようで、今後の展開に期待しています。
(原作組の話だと、あまり活躍するようなキャラじゃないっぽいんですけどね;)
posted by びたみん at 11:30| 石田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

FAIRY TAIL「ナツ vs. ゼレフ」

やっとナツとのガチバトルだぁ!と思ったら、ゼレフの死にたがりが発動して・・あぁ・・
さすがに、ここであっさり終わり。はないと思いたいのですが;
自身の不老不死を終わらせたくてENDを創った人だからなぁ。
まぁ、物語的にも、ゼレフ的にも、納得できる最後だったら良いのですけどね。
posted by びたみん at 10:49| アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

銀魂.銀ノ魂篇 8特典CD「銀魂放送局〜2年後の世界〜」

志村妙役のゆきのさつきさんとお登勢役のくじらさんゲスト回です。

これまでを振り返って〜ということで、アフレコ現場の思い出話なども今回は盛りだくさんで、楽しかったですね。
いつもの杉田さんと阪口さんのお二人で完結している様な、ディープなオタクネタが少なめだったのもあるのかも?ですが;

それでも普通に銀魂ラジオなのにNARUTOの話で盛り上がっていましたし
くじらさんが最近、梅原さんをいたくお気に召している話とかもありw
井上和彦さんや中尾隆聖さんというベテラン声優さんの話も気軽にくじらさんから次々飛び出してきていたり
杉田さんの友人が四ツ谷にマンションを建てるという話には俄然喰いついていくお二人も、とても面白かったです。

そして、ここでもまたヅラがウイルス・ミス化した時の話がw
どんだけ笑い崩れる石田さんのインパクトがすごかったのか;
ゆきのさつきさんが「あの石田彰が笑いでNGを出すという、この先二度と見れない貴重なシーンが!?」とお話されていて、ほっこりしましたね。
他にもゆきのさんが中井さんの事を弟みたいに思っている話(中井さんのが年上だけど、しかもイジる意味での弟だけど;)やら
そんな中井さんが居ない時は、隣の石田さんが「和哉じゃなくてごめんね」と言われるという話やらw
相変わらず楽しそうな現場でしたね、銀魂。
posted by びたみん at 17:24| ’18年〜CD&DVD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週のいろいろ

サイコヘルメット教のつどい、楽しそうでしたね。
石田さんも原作を読みこんでいらっしゃるようですし、映像も大迫力らしいので今から放送が楽しみですv

同日にエヴァの打ち入りの写真がまわってきてびっくりしましたが、はたして次の劇場版にカヲルの出番はあるのだろうか?と
石田さんご自身はモブサイコの方にご出演されていたので、たとえカヲルに出番があったとしても、当然エヴァの方にはいないですしね。
(ってか、モブはピアレスが音響制作で関わっているから優先度がそもそも違う気もするし)
posted by びたみん at 17:03| 石田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする