2018年09月30日

2018夏

「重神機パンドーラ」最後まで見ましたけど、、、
いろんな次元の石田さんが集まったら中村さんになって、
なんやかんや主人公側が中村さんに勝ったけど、
最後の〆は過去の石田さんが良さげなことを言って終わった。という印象しか残らなかった・・・
今期はゲストキャラには面白い役がありましたけど、(はたらく細胞とか異世界魔王〜とか)
レギュラー?キャラはイマイチだった気が・・・
「中間管理録トネガワ」に至っては、名前と声が似てる〜という所以外で石田さんである意味あったのか?と疑問に思うし・・・

ちなみに、10月から開始の「ソードアート・オンライン アリシゼーション」に石田さんがご出演とのことですが、
公式からの発表とか全然ありませんね。
どういった役なんだろう?


そういえば、「NET BUZZ・100カメ×週刊少年ジャンプ編集部」の回を今さらながら見ました。
あれ、銀魂最終回が掲載された号の編集会議映像だったんですね〜
銀魂関連で名前だけ知ってる編集部の人達が出てきていて面白かったです。
posted by びたみん at 10:08| 日常日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜

舞台挨拶のライブビューイングが付いた上映回が、通常の上映回と同じ値段だったので、舞台挨拶付に行ってきました。
来場者特典があることは知らなかったのでびっくりしましたよw
豪華な特典でしたね〜ポストカードのにゃんこ、可愛いv
客層は、今まで見たアニメ作品の中では一番年齢幅が広かった気がします。
家族連れから年配のご夫婦、若い男女に男子グループ。
そこかしこで、にゃんこポップコーンの入れ物がカンカン・パカパカいってるのがちょっとうるさかったけど;

舞台挨拶は、島本須美さんの独り舞台という感じw
島本須美さんが小峠さんにガンガン喰いついていく姿が面白かったです。
あんな場なんで、バイきんぐが、やや滑り気味でしたが、そこは司会のアメザリさんがフォローしてましたし
何より、島本さんが良い感じに高良さんにも小峠さんにも絡んでいって、いい潤滑油になっていた感じでした。
島本さん、夏目友人帳という作品を役を頂くまでまったく知らなかったそうですけどw



↓こっから、ちょっとネタバレあり
今回、タレント枠として高良健吾さんとバイきんぐのお二人がいらっしゃいますが
いやー、小峠さん@もんもんぼうの棒読みがすごかったw
そのせいか、西村さんの六本腕には気づきませんでしたが・・意外と西村さんはうまいのか?
椋雄/ホノカゲ@高良さんは、人吉が舞台の夏目らしく熊本枠だろうと、勝手に思っていましたが;
椋雄のぼんやりした感じには、すごくハマっていましたね。
ただ、人間として過ごしていた時はそこまで気にならなかっただけに、最後にちょっとだけ出てくる妖の姿の時だけはちょっと無理があった気がします、、
まぁ、舞台挨拶では、なんだかんだ熊本PR役になって活躍されておられましたけどね。
個人的には、最近近所ではたまにしか走っていない、JR九州の旧車両(白地に青線)がちょいちょい映し出されていて、すごく懐かしかったです。

さて、映画での名取ですが
今回の名取は時代物の撮影で熊本に来ていたようで、クランクアップ後翌日に祓い屋の仕事をしていて、そこで夏目と出会います。
祓い屋の方の依頼は、「亡くなった祓い屋の家族から、主人を喪って彷徨うハバキという式を解放して欲しい」というものでした。
そのため、今回の名取さんは呪術系のセリフが多くて、出番は少ないながらも聴きごたえがありましたねv
・・まぁ、相変わらず「しまった!」が多い、詰めが甘い名取でしたが;
名取が追う式ハバキは主人の命令に忠実で、今でも主人が探していた大妖怪”ホノカゲ”を執拗くマークしていました。
「ホノカゲ」は、人の記憶と姿を乗っ取り親しい人に成りすます妖。
ハバキがマークしていたホノカゲが、椋雄に成りすまして彼の母親を騙していると感じた名取は、最初は”ホノカゲ”を祓おうとしていたようですが、夏目とホノカゲとのやり取りを見て考え直したようで、後半は、夏目を見守る方に移行していきました。
ただ、名取がぼそっと言った「(亡くなった祓い屋は、)本当に祓いたかったのか?」というような問いかけから、もしかしたら、その亡くなった祓い屋も過去に「ホノカゲ」と繋がりがあった人間で、彼を探していただけだったのかもしれないと思ったのかもしれないですね、、、

今回はたしかに、石田さんがラジオで言われていたとおり、表の俳優名取と裏の祓い屋名取が見れて楽しかったですv
そして、何より柊たちの働きをねぎらったり、彼女らと連携して仕事をする名取がたっぷり見れたのも嬉しい見どころでした。
最初に比べたら名取も柔らかくなったなぁ〜と、しみじみ思いましたね。

・・・パンフレットのアフレコ後集合写真には石田さんがいなかったので、収録自体は抜き録りだったのかもしれませんけどね;
posted by びたみん at 18:07| アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

NHK×日テレコラボデー「嵐にしやがれ」×「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」

何気に朝の番組から最後まで見ていましたけど、面白い企画でしたね。
特に生放送枠は双方が行き来するので、双方のアングルが楽しめるという、、
今持っているテレビが二画面に出来ないのが惜しかったです。
ワンセグだと放送が多少遅れますしね。


さて、『LIFE!〜人生に捧げるコント〜0922』です。

三津谷の楽屋(麹町 日本テレビ)
三津谷さん、「嵐にしやがれ」にご出演〜の裏側w
そして、オープニング。

〜トークパート〜永野芽郁、佐藤健編(内村、田中、ムロ)
内村さんお気に入り「半分、青い」秋風プレイバックからはじまりw
コント撮影裏話、永野さん&佐藤さんのVTRフリでコントスタート。

半分、秋風。 ゲスト:永野芽郁、佐藤健
豊山悦郎@秋風先生の完成度がすごかった!
いや、Twitterで写真を見た時も一瞬本物と見間違えましたけどw
見ていて、必死に笑いをこらえる鈴愛と律につられて笑いましたね。

〜トークパートU〜永野芽郁、佐藤健編(内村、田中、ムロ)
本番でいきなりヅラをつけて完成形にしてくる豊山@内村さんw
質問『この1年で変ったことは?』
佐藤健→「若いね」と言われることがうれしくなった。
永野芽郁→(朝ドラで10代〜40代を演じて)ボキャブラリーが増えた。
最後に永野さんからドラ最終週に向けての見どころをご紹介。

〜NHK・LIFE!スペシャルドラマ「忍べ!右左ヱ門」のお知らせ〜
練習風景で殺陣が一人だけ出来ていないムロさんw

三津谷の楽屋(麹町 日本テレビ) ゲスト:大野智、櫻井翔
いつもの豪勢な部屋じゃなく、日テレの楽屋からの三津谷さん。
先にLIFE!から見たら、見事に「嵐にしやがれ」のクイズの結果をネタバレされる、というね。
「NHKだけドア〜」なんでも有りですね、三津谷さんw

スーパースター「A・RA・SHI」編 ゲスト:大野智
本当に、何回見てもあのスケスケ衣装はまんまコントだよなぁ。
で、どういう設定でこのスーパーの店長は大野くんと知り合いなのだろうか?

三津谷の部屋(大野の智氏編)
いつもの三津谷部屋から。
「A・RA・SHI」の出だし、時期尚早🎵・・・に聞こえなくもない。

スーパースター「あぶない刑事」編 ゲスト:大野智
うん、あぶない刑事を見たことがないとよくわからん。
今回のスーパースターは、今までと違って西田さんだけじゃなく、江口さん演じる主婦もノリノリだったのが新鮮でしたv

三津谷の部屋(櫻井の翔氏編)
三津谷の部屋に登場したゲストの中で、一番三津谷さんとぐいぐい会話をしていたイメージの櫻井さん。
いつも言われっぱなしの場合が多いですからね。

和解 ゲスト:櫻井翔
インテリジェンス、はフリだったのかー
そして、完全に扱いがゲストじゃなかった・・・ような?
意外とLIFE!では珍しい泥まみれコントでしたね。

HNK&日テレ両方観ましたが、「LIFE!」の方が「嵐にしやがれ」の冒頭部分を流していたりでやりたい放題だったイメージです。
「嵐にしやがれ」は、ウッチャンが三津谷からちょいちょい素に戻ってしまっていたのが楽しかったですね。
その後のコーナーでは、今後の放送技術についても勉強になりましたし。
お昼のスタジオパークでも水卜アナが言ってましたが、NHKの社食って本当に美味しそうですよね。


次回の「LIFE!」は10月5日(金)午後10時。
LIFE!スペシャルドラマ「忍べ!右左ヱ門」も楽しみです。
4K見れないけど。
posted by びたみん at 13:35| ウンナンさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

ペルソナQ2生放送

冒頭のペルソナシリーズの歴史が楽しかったv

そして、今回初出しのプレイ動画でどんな世界観かや、前回Qとの違いは掴めましたけど、どのくらい進めればP3&P4メンバーと合流できるのか?とか、まだまだ気になる点もたくさんありましたね。

・・それにしても、Twitterのキャラクタ―投票の結果は・・・なんか、すごいことになってましたね。
なんだ、あのキタローの票数は・・・
まぁ、P3まわりは最近色々荒れてたし、私もとりあえずキタロー投票に1回だけ参加しましたけど、2万って!

で今回、主人公たちのPVも立て続けに公開されましたが
PVの石田さん、また鼻声でしたね;
ペルソナ関係のお仕事の時の鼻声率が高いなぁ・・・
ペルソナは春先か秋頃の収録が多いのだろうか?
posted by びたみん at 13:26| ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

勝てない、、

チェンクロをはじめて1ヶ月ほど経過しました。
現在、プレイヤーのRankは99。
キタローだけは頑張って4凸したけど、まだまだ全然戦力が整っていないので、レベル80以上のクエストには、ほぼ勝てません;
でも、なんやかんやで、遍満森羅ノ天魔 サクルフは1体ゲットしました。
ただ、いまだに使い方がよくわかっていないので、天魔って何?な状態ですけどね・・
posted by びたみん at 13:27| ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

ジャンプNo.42

今日、やっと買ってきました。
『銀魂』最終回掲載のジャンプ。
もう、ほぼ文面で内容知っちゃってますけどね。

西日本豪雨以降、相変わらずの物流状況で、、、すっかりジャンプの発売日が遅くなってしまっています;
でもね。なんだろう?地方にいると、もうSNSでネタバレとかは当たり前な世界ですが。
まさか、朝のニュース「ZIP!」で画バレくらう日が来ようとはね・・・

そんなわけで、漫画の中で桂に八つ当たりされる桝さんが、すごく羨ましかった!です。
あれ、アニメ化したら「桝めェ!!許せん」に声付くのかな?とか、無駄に期待してわくわくしていますv
・・・まぁ、今の進行状況から行くとアニメが今後どうなるのか、さっぱりわかりませんが;

とりあえず、『銀魂 銀祭り2019(仮)』も決まっているので、何かしらの発表は、、、あるよね?
posted by びたみん at 23:28| 日常日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

日テレ「嵐にしやがれ」×NHK「LIFE!」コラボ

「テレビ放送開始65年」&「ラグビーW杯開催1年前」を記念しての番組コラボはわかるんですが、、、

9月22日(土)の21時〜という、同日同時間放送というのはどうしろと?と
W録画はしますけどね。
posted by びたみん at 11:59| ウンナンさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イベントれぽ巡り

先週のヴォイサリオンでいろいろ力尽きていたので、
参加できなかった「今日のあきらさん。明日のかつゆきさん。」〜いしねこさんとこにくまさんとふくいぬさんのもよおし〜の皆さんの感想めぐりに勤しんでおります。

シルエットクイズ楽しそうでしたねv
それにしても、しばらく離れてしまうと、これまでの蓄積された人間関係がリセットされて「はじめまして」の状態に戻る。という人見知りあるあるが、例にもれず石田さんにも発動していて笑いました。
小西さんとの関係がリセットされているw
posted by びたみん at 11:27| 石田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

VOICARIONV 博多座声歌舞伎〜信長の犬〜<千穐楽>

千穐楽を観に博多座へ行って参りました。
千穐楽の最後のトークで諏訪部さんがおっしゃられておりましたが、
ヴォイサリオンVを上演するにあたり、関東圏で会場を探したところ、どこも空いてなく。困っていたところを博多座の方から声掛けしたそうで。
おかげで、今まで一度も生で観ることが出来なかったヴォイサリオンを地元で観ることが出来て、ありがたかったです。しかも、あんな豪華キャストで!
この作品は12月にDVDが発売されますが、音の迫力や熱をじかに感じたりできるのは生の舞台ならではでしたね。本当に、良い体験でした。

ここで、簡単に舞台の説明を。
舞台は大きく2グループで構成されています。
(役名/は客席から舞台に向かっての並び順、二幕からは左右逆転)
板付きではじまる現在進行形パート〜岩付城〜
・太田資正(浪川大輔/左後)・豊臣秀吉(鈴村健一/真中)・野口多門(石田彰/右後)

音楽と共にライトが客席に向いている間に後から登場してくる過去編パート
・信長の犬ルキフェルのちシロ(諏訪部順一/右上段)・織田信長(朴ろ美/左上段)
・千利休(井上和彦/左下段)・羽柴秀吉(鈴村健一)・明智光秀(保志総一朗/右下段)

セットは南蛮の難破船。帆が閉じたり開いたり、風に揺れたりします。
前方に花火と炎と蝋燭風ライト、後ろにも炎の噴射口、信長死亡時は障子が焼け落ちる演出。
と、まぁ、詳しくは12月発売のDVDを観れば良いのですけど・・・

物語は秀吉の回想を軸に、過去と現在がかなり行き来するので、簡単にこの話を時系列順にまとめてみました。
間違っているかもですが;
〜南蛮の難破船が漂着するが、乗組員は全員死亡、積荷とボルゾイだけが生きて流れ着く

〜化け物と村人から石を投げつけられ弱っていたボルゾイを信長が保護、ルキフェルと名付ける

〜馬よりも速いルキフェルを寵愛する信長、本能寺の変で自身の死を悟り犬好きで知られる太田資正の元へとルキフェルを逃がす

〜謀反により信長死亡、秀吉暗躍、中国大返し〜明智光秀、落ち武者狩りにより死去

〜(武蔵の国)猪狩りにでていた太田資正&野口多門らが猪の罠にかかったボルゾイを発見、保護、シロと名付ける

〜シロ、資正の愛犬、老犬瑠璃丸と出会い、信長を失った心の傷を癒していく

〜豊臣の小田原征伐に備え、北条・風魔小太郎が太田領松山城を攻撃
〜豊臣秀吉、家康暗殺を断った千利休に切腹を申し渡す
〜シロの活躍により、松山城に残った多門の救出、及び北条軍に勝利
〜太田氏・軍用犬を使い、情報戦で戦を切り抜ける

〜秀吉が信長の犬の噂を聞きつけ岩付城に来る
という感じ?

資正@浪川さんが、優しいけど犬好きのバカ城主っぷりを存分に発揮していて、楽しかったですね。
多門との会話も楽しかったですし、瑠璃丸と資正のイチャツキと同じぐらい、笑えるパートでしたv

そして、老犬瑠璃丸と千利休、そして野口多門の父まで演じた井上和彦さんは大忙しでした。
瑠璃丸が死んでいくシーンは泣きましたよ。

織田信長と資正の母を演じた朴さんの切り替えもさすがでしたね。
トークで「このイケボ集団のなかで、なんで信長!?」と言われていたのが印象的。
格好良かったですよv

保志さんは明智と風魔と2役共に悪役で、、しかも風魔は石田さんの多門と対峙する役回り。
なのにトークではいつものほんわか保志さんで、和みましたw

諏訪部さんは今回の座長。影ナレに進行にと活躍されていましたね。
多門が死を覚悟するシーンでのシロとの会話も思わず泣きました。

すべての話の中心にいた秀吉、黒く染まっていく鈴村さんの秀吉は迫力がありました。
半兵衛の名前に、個人的にはニヤっとしたけどw

そして、石田さんの多門は、資正とは対照的な、くそ真面目な参謀で、でも資正への信頼は人一倍熱い男でした。
通常の武士然とした喋り方とは違って、資正にだけは砕けた喋り方をするのがどこか人間臭くて憎めませんし
風魔に啖呵をきるところ、死を覚悟して資正を想い語るところ、ちょっとした言葉の端々にも多門という人となりが現れていて、やっぱり石田さんの演技にはいつも心を動かされます。
ただ、初日はノーミスであんなに完璧だったのに、千穐楽は噛むし、瑠璃丸を「きり丸」って言っちゃうしで、博多に来る前に忍たまの収録でもあったのかしら?と
しかもよりにもよって、ライブビューイングのある千穐楽でとちりまくったので、最後のトークでも、「早く消えたい、持ち帰りたい」と、かなりの落ち込みモードで、少し心配になりました。
でもね!
何気に、鈴村さんも噛んでたし、朴さんもフィナーレで間違えてたし、浪川さんも立ち上がるタイミング間違えてたところあったと思うし・・・
皆さん、初日より千穐楽の方がいろいろとやらかしていた、と思うの。
浪川さんにもトークで失敗をイジられてましたしね、石田さん、、、(その時、両手で顔面隠してたのが、可愛かったです)
そんなに気にすんな!とも思いましたけどw
千穐楽のバンドメンバー紹介の時には、初日と違って石田さんだけじゃなく、鈴村さんも浪川さんも同じように膝をついて拍手されていましたね。

そういえば、千穐楽では最後にミニライブまであって、花火に花吹雪に会場の提灯までついたり消えたりして〜大盤振る舞いで豪勢でした。
ミニライブを見る時も、後ろに配置されているバンドを見るために、しっかり背中を客席に向ける浪川さん、客の笑い声で客席に半身を向けた鈴村さん、最初から客席にはなるべく背中を向けないよう座る石田さんと、それぞれのカラーが出ていてとても面白かったです。
カメラも確認出来る限りでは、舞台前に3台、3階に2台?ぐらいあったので、DVDではどう編集されているのか楽しみですね。
会場だと、そこまで個々の表情とかは見えませんので。

ちなみに、物語中で一部気になったのが、二幕の始まりに能の「敦盛」が舞われていたのですが、その後の話の流れからいくと「羽衣」でも良かったんじゃ?と思ったりしました。
一幕の終わりが本能寺の変だったから「敦盛」だったのかなぁ?と思ったり。



それにしても、1日目に会場でDVDを予約したんですど、今はその場で住所を書くとかではなく、渡された登録カードを使って自分でHMVのサイトから発送手続きを取るんですね!そのシステムに驚きました。
2日目は、早くついて暇だったので、博多座の周りをぐるり。
関係者出入口の目の前がラーメン屋さんで笑ってしまいました。(寿司屋はよくTVでも紹介されるんですけどね)
トークで保志さんが「博多ライフ楽しみました!」と言われていたし、井上さんもご満悦だったみたいなので、地元民としてはその言葉、うれしかったです。
鈴村幹事が、31日に水炊き、1日に牛タン屋さんを手配していた模様なので、普段はご飯を断る石田さんも、博多ライフを楽しまれていたらいいなぁ、と思います。
posted by びたみん at 13:29| 石田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀魂362話「看板」

アニメはものすごくサクサクすすんでますね。
もう、ヅランプ出てきたよ!
このまま、いっきにラストまで駆け抜けるのでしょうか?
posted by びたみん at 09:34| 石田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

VOICARIONV 博多座声歌舞伎〜信長の犬〜

初日、行ってきました
まだ明日もあるので、ネタバレは控えますが、すごかった!

とりあえず、憶えていることを箇条書きに。(詳しくは後日書きます)

本能寺の変の爆発はマジもんの炎なので顔が熱い。
そして、銃撃や落雷は、目がやられそうになるくらいの迫力。
〜EDトーク〜
今日のリアル世界の雨は雨男の浪川さんのせい(諏訪部さん談)に爆笑の鈴村さん
今日も変わらずパッピーな保志さん
季節がら、雨が雪に変わることはありませんが(舞台のEDにかけて)の石田さん。
セリフを一か所間違えていたと告白した朴さんw
普段は猫を演じることが多いのですが・・・で会場をわかす井上さん。
たすき掛けのモフモフ(衣装)の中が汗だくで大変だった諏訪部さん。
EDでバンドの女性メンバーの紹介の時だけ膝をついてしゃがむ石田さん。
(たまたま石田さんの後ろが女性二人だったからだけど)
大量の雪(紙吹雪)がカーテンコール後も一番頭の上にもっさり残ってる石田さんw
(最後は雪じゃなくて桜の紙吹雪でしたね。天国でかけるシロと信長様のところ)
舞台に向かって左側から主に噴射されていたから右側に居たらよくわかりませんでした。
〜舞台上〜
自分の出番じゃない時は、足を広げて姿勢よく座っているので、まるで武将な石田さんv
保志さん、朴さん、井上さんは兼ね役有。
しかも、井上さんは重要な役回りの兼ね役を2つに、さらにもう1つと大忙し。
井上さんと浪川さん、石田さんと浪川さんのコンビはちょっとだけ笑わせるパートを担当。
そして、鈴村@秀吉はずっとセンターでした。

それではまた、千秋楽に行ってきます。
posted by びたみん at 00:01| 石田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする