2016年01月31日

昭和元禄落語心中 第四話

この作品、意外とOPがかからないことが多いようですね。

さて今回から、閣下・・もとい、みよ吉さんが襲来です。
いよいよ話が荒れてきますね・・・

そして、次回は鹿芝居!
菊比古さんがどんどん艶っぽくなるし
自分の落語を掴むきっかけになるお話ですよv
石田さんがどう演じるのかが、今から楽しみです。


余談ですが
スーパーサウンドシアター『MARS RED』2015のDVDが届きました。
今回はボーナスディスクとして、千秋楽のカーテンコール後のトークパートが収録されていて、たいへんありがたかったですv
なかなか地方民としてはイベントや舞台に参加できないので、映像化は本当にありがたいことです。
posted by びたみん at 23:05| アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

朝鮮ガンマン

大阪で放送されていたので、そろそろ福岡でもあるかなぁ〜と思っていたら、今日から始まります。
『朝鮮ガンマン』イ・ジュンギ(石田 彰)
TVQ(昼)12:30〜 月〜金連続放送
posted by びたみん at 09:57| 放送予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

今日のあきらさん明日のかつゆきさん 172回

オープニングトークは著作権について。
他のネット配信(内さまとか)では良く問題になっているのを見かけますが、ネット配信は基本、著作権の関係で歌はアウト。
なのに「四小節までは平気」と歌いだそうとする小西さんw
「危ない遊びだね〜」と石田さん。

さて、今回は占いの館です
福さんを呼び込むための紹介文をゆっくり読み上げる小西さん。
小「3秒(無音)で放送事故なのでラジオの限界に挑戦」
再び危ない遊びに挑戦中。
ちなみに、福さん主演の『紅殻のパンドラ』は1月からTVで放送中。
福さんはED曲でCDデビューするそうです
(こいしさんラジオでは福さんへの感想メールも募集中)
小「どうする?声優アワードの新人賞とか貰ったら、可能性はあるよね?新人賞の期間結構長いから」
福「あ、そうなんですか?いや〜がんばろう!」
石「じゃ、僕でもとれる?まだ」 
小「石田さんはもうアウト。」
石「え〜〜〜結構長いんでしょう?」
小「石田さんは長すぎる!」
福「ちょ先輩!新人って言われたら私ちょっと土俵にあがれないですね・・」
石「気持ちは新人のままだよ。」
小「デビューして何年ですか?」
石「まだ、3ヶ月です!」
福&小「笑」
小「おかしいな?俺、セーラームーンで石田さんの声聞いたことがある・・俺まだ声優なってなかったですから」
石「何か勘違いしてるんだと思います」
福「幼稚園の時ぐらいです、それ見てたの」
石「なんだ幼稚園って!」
小「本当に、あれ凹みますよ。この間仕事したスタッフさんが、『バンブー・ブレードのラジオ中学生の時に聴いてました』っていう人がいて」
石「あれ、、何年前?」(※2007年秋作品)
小「わかんないです10年くらい?」
石「なのかな?その人が社会人なって仕事してるんだもんね、当時中学生が」 
小「そうです、で、結構いい役職についてるんです」 
石「僕の年になると10年なんてさ、ついこの間だよ」
小「そうですよ、10年なんてついこの間ですよ」
石「バンブー・ブレイドなんてついこの間録ってた作品なのに、そんなさ」
小「感覚的には去年録ってたぐらいの感覚なのに」
石「そうだよね!」
小「びっくりして、他の作品も高校の時、見てました〜とか。本当にテンションさがるからやめてくれ」
福「じゃぁ、今思いついたけど言わないでおこう・・」
小「・・もう、何?
福「小学生の時シャーマンキングめっちゃ見てました!(笑)」
追い打ちw

心理テスト
『ハート型のペンダント買いました。それにはちょっと特別な細工がしてあります。さてどんなのでしょう?』
1.真ん中に小さなダイヤモンドが埋まっている ←小西さん選択
2.自分のイニシャルが入っている
3.ハートのペンダント自体に小さな小さなハートが刻まれている
4.なかにキラキラとした透かしデザインがある ←石田さん&福さん選択
「顔に出る?クール?あなたの恋愛喜怒哀楽診断」


1.心は熱いのに表情に一切出ないみてくれクール。
自分でコントロールしているわけではないのにまったく表情に出ない人。
周りからは超クールと思われています。
しかし、実は心の中はすごく熱く、いつも誰かが好きで必死にアプローチしている可愛い人なのです。それが顔に出ないから不思議。あなたの場合は露骨なぐらい感情を溢れさせて丁度いい。「こんなにアピールしたら引かれるかも?」という遠慮や恥じらいは捨て、全身で好きを表現して

2.恋心を隠そうとして、逆に不愛想になるツンデレタイプ。
究極のテレ屋さん。恋愛感情も、とっても顔に出やすいタイプで好きな人の姿を発見しただけで赤面してしまいます。しかも、そんな自分の性格をよくわかっていて、クールを装おうと必死。
それゆえ、気のある人には時にはわざと冷たくしたり、厳しい言葉を投げかけたりしてしまいそう。やんちゃな子供が、お目当ての子をいじめる感じそのまま。

3.ほどほどにして、さっとひく。表情も自由自在の恋愛の達人。
恋愛に対する喜怒哀楽バランスはお見事、とてもさわやかに自分の気持ちを顔に出すことが出来るし、失恋した場合も重くない程度に切なさ悲しさを見せることが出来ます。
 
4.まさに顔は心の鏡。思ったことがまるわかりのストレートタイプ。
心と表情が直結しているような丸わかりタイプ。恋の喜びも悲しみをストレートに出て、しかもそれを隠そうとしません。
好きな人と喋るだけで飛び上がるような喜びをあらわにし、冷たくされたらその場で泣いてしまいそうな勢いで落ち込み、純粋な子供の様。
ただ、それだけにちょっぴり周りが見えなくなり、空気の読めなくなるところがあるのが心配です。グループの時は出来るだけコントロールして大人な行動を。

石「まだまだ大人になりきれてないなぁ(嬉しそう)」
小「一切顔に出ないこの人、出たの見たことない」

他にも読む物がなくなったら、お姉ちゃんの部屋で『王家の紋章』などなど、意外と少女漫画を読んでいたという小西さんと。同じく姉の部屋で『ベルサイユのばら』を見ていた石田さん〜なんてお話もありましたねv
posted by びたみん at 15:33| ラジオ・アニメージュTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

昭和元禄落語心中 第三話

相変わらず背景とか小物とかの描き方が美しい。
そして、菊さんが美しい。
信さんと菊比古の掛け合いにニヤニヤが止まりませんv
が、いよいよ、次週からみよ吉さんが出てきます。
ドロドロの三角関係突入ですな・・・

次回予告の菊比古さんの声年齢が2話3話〜と徐々にあがっていってるのが地味にすごいなぁ、と感心します。
posted by びたみん at 17:07| アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

PERSONA3 THE MOVIE #4 Winter of Rebirth &P3M関連

とても良かったです。
映画の中盤〜それぞれ戦いへの覚悟を決めて、光が差し込み『僕の証』が流れるあたりからすでに泣いてしまってどうしようかと思いましたが。
ラストバトル。ニュクスアバター戦でアルカナ詠唱が始まったあたりでは、涙も引いて戦闘に魅入っていました。
やっぱり、石田さんの声はカッコイイやv
正直、アニメにするには難しい演出なんじゃないかと思っていたので、ちょと感動
ニュクスアバター戦が綾時VS理の1対1の戦いになっていたのも、個人的には好きな演出でした。
アルカナの順に対応したペルソナが次々出てくるのも、仲間のペルソナが一斉に進化する演出も、エリザベスの援護メギドラオンも
そして、タナトスが出現して、理の叫びと共にメサイアが出現するあの演出も
(そういえば、ニュクスへ向かう理が「生きろ」と振り返るシーンは目が黄色だったなぁ)
田口監督が「唐突な演出だったかもしれない」とパンフのインタビューで心配されていた、3月5日のフラフラになりながら屋上に向かう理の様子・・・
ゲームをやっている身としては、あのシーンは、もう涙が止まりませんでしたよ。
最後の数か月、気力だけで生きてたんだよなぁ・・・と
白く消えていく理の笑顔が今も頭から離れません

明日が大雪で外出できそうもないので、今日、2連続で観てきたら色紙が2枚ともゆかりでした・・・
ゆかり好きだけど・・・理ぇー
帰り道、小雪がちらついていて、映画と相まって「ああ、本当にペルソナ3完結したんだなぁ」となんだか感慨深かったです。


影時間ラジオ第8回
ゲスト:田口監督
舞台挨拶がある札幌羨ましい&影時間先行上映の影時間ラジオ特別篇を聴けた人羨ましい。
血液型くん!を完全否定の「どうでもいい」コーナーで相変わらずの石田節に笑う。
次回、影時間ラジオも最終回。
ああ、終わってしまう・・・寂しいですね・・・

ファミ通とCUTも買ってきましたv
インタビューはCUTの方が石田さん的には充実してますね。
両誌とも多少ネタバレ有w

P3M3章のBlu-rayオーディオコメンタリー。
本当に姦しかった(笑)女子力全開w
本編そっちのけ。アフレコの裏話満載で賑やかで楽しかったですv
あんまり聞かない、一生懸命進行しようとする石田さんとか
多色ボールペンと修正テープの使い方とか、ねv
posted by びたみん at 16:44| 石田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

LIFE!〜人生に捧げるコント〜 新シリーズ放送決定!

新シリーズ放送決定! 
2016年4月スタート 毎週木曜 [総合] 夜10時25分〜10時50分

LIFE!新シリーズが始っまるよ〜

放送時間は短くなりますけど、すでに1年間放送されることが決まっているなんて・・・
なんて贅沢なっ!
さらにDVD発売も!?
4月が楽しみです
posted by びたみん at 10:26| ウンナンさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

今日のあきらさん明日のかつゆきさん 171回

今回は早々にチャレンジコーナー開始です。
チャレンジするのは『カルタ』
今回は「百人一首」を「カルタ」として使用します。
多いので100枚を50枚に減らして挑戦。
読み手:福さん
※お手付きは、それまでに取った札全部没収です。
※石田シャッフル(石田さんのタイミングでシャッフルできる)有

〜始まりこそ連続で札を取った石田さんが調子よく聞こえましたが、終わってみれば小西さんの圧勝でしたねw
途中、没収されても、さらに勝つ小西さん。
対戦結果:石田14枚・小西21枚(お手付きによる没収15枚)

やたらと小野小町にこだわる石田さんw
「小野小町を詠んで!」連呼に笑いました。
posted by びたみん at 13:12| ラジオ・アニメージュTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

昭和元禄落語心中 第二話

石田さんが鼻声だ・・・
また、花粉症シーズンに収録がカブってしまったのかしら?
(アフレコは、昨年にすでに録り終えていたそうですが)
まぁ、鼻声でも、菊さんの色気は洒落になりませんがね!
松田さんに『アタシにゃ落語なんて向いてないんじゃないか』と言いかけてやめるシーンなんて、演技と菊さんの表情の相乗効果で、いろいろ撃ち抜かれて持っていかれそうでしたよ

先行上映に行かれた方がよく話題にあげていた、菊さんの初高座シーン。
本当に、緊張感たっぷりでまったく客の心に響かない落語が、観ていて居た堪れなくなりました。
聴いてて体感時間の長いこと!
1話の八雲師匠と大違いw
そんな菊比古と正反対の天才助六の落語。
さすが山ちゃんって感じでしたね。

んで、これはネタバレ的感想ですが。
小さい助六が『寄席場で世話になってたジジイが〜』と落語をおぼえた経緯を7代目八雲師匠に話した時に、師匠からかえってきた答えが
『死んだ・・んじゃ誰にも気兼ねなくお前のそのハナっぱしらをへし折ってもかまわねえんだな』
だったこと。
7代目八雲と初代助六の因縁を知った後だと、このセリフ・・・色々複雑です。

そういえば、今回EDが『かは、たれどき』というインスト曲ですごい良い雰囲気でしたねv
作品にあっててカッコいいv
そして、最後の予告が菊さん。
前回の8代目八雲師匠の予告も素敵だったけど、やっぱり良いわ〜菊さん。

あ、あと、1週遅れ放送のワンピースもキャベツ君が滅茶苦茶イケメンでしたw
posted by びたみん at 15:10| 石田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

シンドバッド 魔法のランプと動く島

世界名作劇場の日本アニメーション創業40周年記念作品の3部作2作目。
石田さんが出演されているということで、観てきました。
一般1000円だし、上映時間50分だし、近所でやるし、で気軽なかんじで見に行ったんですけど・・・
まさかの、貸し切りでした・・・
大スクリーンに一人w

三部作の2作目なので、いきなり始まる感はぬぐえませんが、小さい頃毎日観ていた『ざ・ハウス名作劇場』ともいえる絵柄とストーリー展開と大げさにも感じる役者さんの演技が滅茶苦茶懐かしかったです。
石田さんの演じる悪の組織の首領・ガリプも、ものすごくわかりやすく悪役でしたw
獣の奏者エリンのダミアみたいな感じですね。
魔法の力を手に入れるために、ヒロインの魔法族の姫サナを執拗に追っています。

3作目が5月頃に公開だそうですが
今回、ガリプは登場するとそこそこ喋るのですが、作中で2回くらいしか登場しないので、石田さん目当てだと少々寂しいです。
話の流れからいって、3作目の方が出番が多そうではあるのかな?
3作目も近所で公開されるなら見に行こうと思います。
posted by びたみん at 13:59| 石田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

今日のあきらさん明日のかつゆきさん 170回

防災対策の話からスキー場でカバンを荒らす猿、温泉街のスマートボールに住宅街の釣り堀、河童に連れて行かれた克幸の話まで・・・
今年もオープニングトークはバラエティーにとんでますw
(雪を器用にのぼり、旅館のカバンを荒らす猿の話を聞いて)
石「じゃぁ僕も将来仕事がなくなって食い詰めたら猿になる。旅館の窓をカラカラカラ〜っと開けて。僕は猿より賢いから!」
小「それは泥棒ですよ。空き巣!それは空き巣といいます!」
※なんだかタイムリーな事に長野のスキー場で財布が盗まれた事件がTVから流れていますが・・・
石田さんは『仕事がなくなったら○○になる!』と、よく口にしますな。
ってか、どんだけ不安なの?

さて、今回はこいしさん会議『お鍋のしめは、ごはん派?麺(うどん)派?』ですが
麺派のメールがまったく来なかったので、二人ともごはん派だそうですw
というか、麺派がラーメン派とうどん派で割れてしまっているようですね。
こいしさんお二人は、
「基本的にうどんと思ってる(小西さん)」「うどんしかないと思ってる(石田さん)」だそうですが。
小「トマト鍋とかだったら、うどんとかよりラーメンの方がいいんじゃないですか?もしかして」
という小西さんの発言から、トマト嫌いな石田さんのトマト鍋は有りか無しかの話に火が付き脱線
しばらくトマト談議が続きますw
ちなみに、トマトのぬるっとして青臭いのが嫌で、極力ハンバーガーやピザにトマトが入っているものも避けているようですね、石田さんw
相変わらずの野菜嫌いだ。
「トマトジュースは飲んだことがないけど、ケチャップは大丈夫b」


話は戻って
ごはん派
・ある程度お腹が膨れているのに麺が伸びる前に食べきれない
・翌朝朝ごはんにできる
・残った出汁がしみこみやすい
・ごはんだと量の調整がきく

一応麺派
・家の決まりで麺を食べないと病院にかかる

結果:ごはん一択・・・でした。
そして、今回は、追加でこいしさんから議題を募集。
『しめの麺はうどんか、ラーメンか』です
家は、すき焼き→うどん。もつ鍋→ちゃんぽん。
結局・・・鍋によると思うんですけどね〜
posted by びたみん at 18:23| ラジオ・アニメージュTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

くりぎむ!!クリームソーダとギムレットとVol.2

ディスク1 ラジオCD特別版(新緑) 52分55秒
&ディスク2 第14回〜第28回配信分ディレクターズカット
初っ端から石田さん、リスナーさんにぼんぽこりんのお腹を指摘されてのダイエット話。
氷上「(体重等を)管理してくれる素敵な人を見つければ〜」
「僕にとっての素敵な人は僕を甘やかしてくれる人」
「ダメだと思って食べるお菓子は美味しい」
うん、痩せる気ねぇーな!
氷「裸になって走り回るってどうですか?」
石「捕まるねぇ」
普通のトーンでのこの会話がくりぎむ!らしくて笑いますけどね。
(いろいろあって)氷「彰さんに屁理屈って言われた・・・」
石「なんだよ!人を屁理屈の権現みたいに言うなっ!」とかね
・・・だって屁理屈の権現みたいじゃんね、実際(ボソッ
最後の配信だった28回の続きの29回。って感じで、CDになっても、いつものくりぎむ!でした。
これで本当の最後だと思うと寂しいですけど、楽しかったです。

音泉特典:音泉スペシャルCD2015冬
「音泉のオリジナルキャラクター、またはキャッチコピーを考えて」
※皆様の投票をもとにアイデアが採用された番組は賞金がもらえます!
・オリジナルキャラクターが採用された番組には10万円
・キャッチコピーが採用された番組には3万円
結果がどうなったかは知りませんが、くりぎむ!は『キャッチコピー』で参加してました。
「あなたの心に熱湯〜りしたい。音泉です!」だそうです。
・・キャッチコピーはともかく、決めるまでのやり取りが楽しかったからいいやw
posted by びたみん at 16:07| '13年〜'17年CD&DVD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

ドラマCDサイコパス 追跡者 縢秀星 下

1.追跡者:縢秀星(下)1時間11分53秒
※トラックがわかれていません
キャスト
縢秀星=石田彰、常守朱=花澤香菜、六合塚弥生=伊藤静
唐之杜志恩=沢城みゆき、宜野座伸元=野島健児
狡噛慎也=関智一、ドミネーター=日高のり子
やつれた男=近藤浩徳、赤の女王=加藤美佐
ホームレス&チンピラ男性=土居伸之
屋台の逞しい男性=岩崎諒太、スラムキューブの娼婦=加藤杏奈


朱ちゃんとの日常会話、ほのぼのしてて良いなぁ〜
さて、下巻は上巻に続き原作の第三章〜エピローグまでです。
第三章:金髪碧眼の少女と渋谷の暗渠でデス・トラップを回避しつつウサギ探し
第四章:狡ちゃんと廃棄区画で潜在犯探し、繋がる1章の向かいの部屋の少年
第五章:朱ちゃんと占い。『アリスは地下へ・・・』
エピローグ〜厚生省本部:ノナタワー地下区画

アクションをやるのかと思ったら、縢の語りだけで進んでてちょっぴり残念。
でも、上巻から全章に渡って続く『歪んだG』のマークと永いゲームの終わり
16話のあの最後の瞬間まで続く重なり合う縢の語り。
最後の演出は音声ドラマならでは、サイコパスならではな感じでなかなか好きでした。
「良かった、皆無事か・・へへっ、さすがは俺の・・俺の」
「悪いな狡ちゃん。あの世があったら佐々山って奴を探しとく」
「『彼らの中にお前は残った』それならこいつは、悪くない夢だったな」
肉体も、何もかもが消滅した後の縢のセリフに涙がでそうでした。

音泉特典『クニっちランチ最適化プロジェクト』 12分24秒
キャスト
縢秀星=石田彰、常守朱=花澤香菜、六合塚弥生=伊藤静
唐之杜志恩=沢城みゆき、宜野座伸元=野島健児、狡噛慎也=関智一

タイトルどおり、カップ麺ばっかのクニっちの為に縢主導で皆を巻き込んでうどんを打ちますw
短いランチ時間に。(空腹でクニっちブチ切れ)
当然、間に合わないんですが;(出動もかかるし)
実は縢は、非番で居ないとっつぁんも含めて、あらためて皆でうどんパティーをしたかった。そのために皆で準備をしたかった。という
本編ドラマCDの後だと、よりほっこりするお話でした。
本当に良い子だよなぁ・・縢くん。
posted by びたみん at 16:48| '13年〜'17年CD&DVD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LIFE!視聴者還元30ミニッツ と 落語心中第一話

LIFE!視聴者還元30ミニッツ。
10ミニッツのベスト版だった・・・
あ、新作じゃないのね。と
ただ、三津谷さんの冒頭挨拶が新録だったw
ちょっと豪華。

昭和元禄落語心中も先にODAを見ているので、第一話はアレですが
やっぱりすごいカットされてますね。
萬歳師匠との京都での二人会全カットですし
「女は噺家に向かない〜助六の落語」あたりもないし
与太郎の落語にBGMが追加されたのは、TVだからかなぁ?
まぁ、地上波版落語心中の本番は第二話からなので、次週を楽しみに待ちますv
いよいよ菊さんの登場だvv
posted by びたみん at 14:06| 日常日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

戦国BASARA 熱血!寄席ラジ!第2回

寄席ラジ2回目〜にして石田さんゲスト回の最終回w
相変わらずのコノ空気感よ!
冒頭の半兵衛のセリフの所だけは、ちゃんとBASAラジオ。

さて、まずは『真田幸村伝』のビジュアル発表からでしたが
「(伊達政宗のコスチュームが)どうして白なの?」とお二人とも不思議に思っていらっしゃいましたけども。
伊達さんの衣装が白なのは、豊臣に小田原城攻めの遅刻の詫びに白装束で行ったあのエピソードから来ているのかと勝手に思ってましたけど・・・違うのか??

そして、次回から始まるリスナーさんの10年を振り返るコーナーで、10年前の保志さんの酒癖についてふれる石田さんw
相変わらず、時々は酒に呑まれてるようですけど、さすがに今は改善してるようですね〜保志さん。
この前の緒方さんといい、飲み会にすらほとんど参加しないらしい呑まない石田さんが、飲み会で無理やりにでも呑まされてる現場をみてる保志さんっていうのは本当に貴重な存在ですよね・・・

前回に続いての対決コーナー、病弱な半兵衛にちなんで『握力大喜利対決』〜
半兵衛ぜんぜん関係ないっ!w
対決前に「中学生女子並の握力だ」と自己申告した石田さんでしたけど、石田さんの年の平均握力は47sぐらいらしいので、下の最初の右手の結果からみると人並みよりちょい下、ぐらいな気がしますね。
対決ルール:お題ボックスから1枚カードを引いてお題にのっとって握力測定
※勝者はリスナーさんへプレゼント数をくじ引きで決められる

石田さん1回目
・お題『両手で46s』右39.5s/左24.3s・計63.8s(-17.8s)
保志さん1回目
・お題『両手で30s』右16.4s/左12.6s・計29s(-1s)
石田さん2回目
・お題『利き手で28s』右15.2s(-12.8s)
保志さん2回目
・お題『両手で25s』右13.3s/左16.2s・計29.5s(-4.5s)
というわけで、3対1で保志さんの勝ち(むしろ圧勝)、でしたね。
石「運動なんかだいっきらいだー!」
心の叫びに笑う。
でも、最後は「(最初のゲストとして)ちゃんと露払いはしておきました〜」と笑顔で〆る石田さん。
最初と最後だけはちゃんと半兵衛w
本当に、保志さんの力でも何でも使って、新作に出れるようになればいいなぁ、半兵衛。



話は変わって。
そろそろ冬のアニメも新作から新章からと、色々始まりだしましたが
・銀魂゜
子供時代のヅラの声、甲斐田ゆきさんでしたねv
久々に、現場で石田さんと甲斐田さん会うのかな?と一瞬思いましたけど。
子ヅラと大人ヅラが同時に出てくるあたりの話はアニメ化は間に合わないだろうなぁ・・・と
来週の回想で大人ヅラの声が入れば別ですけど。
甲斐田さんのヅラは、ちょっと大人っぽいかな?とも思いましたけど、銀さんとの「俺がお前の将に〜」のエピソード前の、独りで踏ん張ってる頃の桂なので、ある程度他人との壁を作ってると思えばあんな感じなのかもしれませんね。

・昭和元禄落語心中
地上波組&配信組の放送が終わったようですね。
反応を見ると、それなりに高評価なような気がしますが?どうなんだろ?
こちらはBS組なので今日の夜(しかも個人的にはLIFE!から続けての視聴)となりますが;
1話はODAの総集編なので、だいぶカットされて駆け足だという感想も見掛けました。
(なんせ、元がOP&EDなしの90分作品だからね・・・)
石田さんが、家中さんに江戸弁の指導を受けたりしつつ、結構大変な想いで収録に取り組んでいらっしゃった作品なので、少しでも話題になればいいけどなぁ。

・『ディバインゲート』と『FAIRY TAIL ZERO』
どちらもまだ石田さんの役は登場してきていませんけど。
FAIRY TAIL ZEROはOPにアイキャッチにと、かなりゼレフが登場してきてますねv

残すは血液型くん!4期とDimension Wと赤髪の白雪姫2期。
来週には映画シンドバッドの公開と再来週にはいよいよP3最終章の公開です。
かつてない程、1月に石田さんの出演作が集中して、大忙しですよ
posted by びたみん at 12:52| ラジオ・アニメージュTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

今日のあきらさん明日のかつゆきさん 169回

今年1回目の配信も、当然、普通には年始の挨拶をしようとしないお二人w
石「ごめんね、こんな性格で」
でも、とりあえず謝る。
『年末年始の賑やかな雰囲気が終わると寂しくなるから』、最初から年始の挨拶をしない石田さんと、『世の中にはめでたくない人もいるかもしれないから』“おめでとう”は言わない小西さん。
石「お正月のわくわく感がすっごいさがってきてるんですけど!子供の頃はあんなに楽しかったのに!なんでだろ?」
小「大人になったからです」
小「僕らの仕事、休みもまったく関係ないじゃないですか。年末年始働かされることもあるじゃないですか。年越しとかね」
石「僕は、働かない!そんな年になったことは一度もない」
実家にも帰らないし、日常の延長線。特番ばっかりで観たいTV番組が1つもないので、年末年始もいっそ働きたいそうな小西さんですが、、
石「子供の時はその特番が楽しみでしょうがなかった。かくし芸大会を観たくてしょうがなかった」
小「そのうちオファーきますよv”声優かくし芸大会”」
石「あ、そーゆーの僕でないから。大丈夫」(即答!?)
小「『石田さん一千万円出すんで〜5分のVTRでもいいんで〜出てくれませんか』ってきたらどうします?かくし芸」
石「緑色に塗られて銅像のフリしてるところを、タライで殴られたりとか、水かけられたりとか、それを5分間耐えるとか、そういうVTRだったら嫌だなぁ」(ハナ肇!?)
小「それ面白そうじゃないですかw」
石「そこをやってしまうと、今までいろんな事を断ってきた自分は何だったんだろう?っていう、、バランスが取れなくなるからね」
小「そこはもう、お金で解決したってことですよ」石「笑」

さて、昨年の漢字が本当に『安』の字で、予想があたって驚いているお二人による
「ふつおた」のコーナーです。
まずは、アニメイトの小川神社設置店舗のお知らせ。
と、こいしさんグッズ通販のお知らせ。
基本的には公式ツイッターをチェックしてください。とのことですが。
収録の時点では、11月7日のイベント限定販売だったこいしさんグッズは「売れ残っていたら通販があるかも?な状態で、小川Pが不在なので確認できないが、(ここのスタッフは)計算が甘いから多めに作っている可能性がある」だったようです。
まぁ実際はもう、通販が開始してますけどね。

リスナーさんのメール1『小西さんがフランスのブディックでも大丈夫ですとおっしゃっられていたので、小西さん大ファンの私としてはコレだと思い、自分の勤めているお店でも置かせて頂きたいと思って社長を説得し、何とか私の熱意にほだされてくれたのか社長がなんとOKを出してくれました。ぜひ当店にも小川神社をと思いメールを送らせて頂いたのですが、これはアニメイトの店舗さんでの募集だったんですね、完全に勘違いをしてしまっておりました』
その熱意と行動力・・。純粋にすごいな! 
これをきっかけに、簡易小川神社キット(ペーパークラフト、シール)やお守りもグッズとして制作されるかもしれませんね。

リスナーさんのメール2『鳥取市にもアニメイトをつくってください!』
のメールに驚くこいしさん。
どうやら鳥取県は米子店だけしかないみたいですね〜
小「本屋さんやどっかの売り場に併設とか、出張店舗的な?のでもいいのにね」
石「移動図書館みたいに車の荷台にグッズを積んで各地をまわる」
小「どっかの若手声優にやらせましょうか?それ。若手声優二人がソーラーパネル付のアニメイトカーで北海道から沖縄まで、DASHフロンティアって言って」(電波少年?DASH?)
石「それがきっかけですごいブームが起こるかもしれないよね」
小「東京に帰ってきたら、もしかしたら歌手デビューできるかもしれないっす」(どこの猿岩石・・・)
小「ブログの件数×さいころの目のお金を渡しますから〜それでガソリンを買ってください」(ロケみ・・)
なんだか、後半はただただ、有名バラエティーのパロで盛り上がっていましたね。
相変わらずテレビっ子なこいしさんですw
posted by びたみん at 23:48| ラジオ・アニメージュTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

はやいもので、今年の6月でこのブログは10年目に突入します。
石田さんのことばかり(たまに内村さん)を、ダラダラと書き連ねるだけのブログですが、今後ともよろしくお願いします。

とりあえず。2016年の冬アニメは石田さん大忙しなので、年はじめから楽しいことになりそうです
まずは昭和元禄落語心中公式サイトの新年のご挨拶動画からですねv
豪華な面々が賑やかです
posted by びたみん at 01:02| 日常日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする