2015年03月31日

今日のあきらさん明日のかつゆきさん 129回

本番前のマイクチェック中にゲームの話で盛り上がる福さんと小西さん。
を、横目に「何の話をしてるかまったくわからない」状態な石田さんw
小「ゲームやらないんですか」
石「やるよ」
小「(石田さんが)出てるゲームはやるんでしたっけ?」
石「出てるゲームをやることはある
小「バイクゲームとかやらないんですか?」
石「しない、しない。ゲームセンターのバイクには乗ったことないんだけど、教習所でバイクシュミレーターに乗る時間があって・・」
ということで、ゲームの話からバイクの教習所時代のお話へ
実際のバイクと違って、いいタイミングでスイッチを押すだけだったシュミレーターの教習に、「ただのゲームでやる意味がない」と昔を思い出しつつ激昂する石田さんw
小「石田さんがここまで激昂するってことは、なんかあったんだと思います。そこは察してください」と、(笑)

また、高速教習だけシュミレーターを使う教習所に通っていたという福さん。
免許取得に2年もかかったうえ、おもいっきりペーパードライバーだという事で
全力で、二人から車の運転を止められるハメにw
小「運転しちゃダメだよ!手をあげたら止まってくれるから」
そして、今どき便利なタクシー配車アプリのお話に・・・・

さて、『占いの館』改め心理テストのコーナーですw

『あなたがひとりで家に居る時に、次のことが同時におこりました。あなたはどれから順番に対処していきますか?』
四つあるので自分の優先度の高い順に並び替えてください。

A.自分がトイレにいきたくなった
B.隣の部屋で赤ちゃん(わが子)が泣いている
C.インターフォンがなった
D.電話がなりだした


石田さん:ACBD(CとBとDはどうでもいい)
小西さん:CBAD(ポチるのでC最優先、電話は事務所からの仕事の録音機)
福さん:BCDA

答え.『あなたが恋人に求める条件の優先順位』がわかります
A.お金
B.愛情
C.顔
D.性格


”お金”が優先順位の最後にきた福さんに
石「若いな!まだ」
小「金でなんでも買えんだぜ。愛なんてね、金で買えるんだよ!」
福「お金を持ってる人の言葉ですよ!それは!」
小「お金持ちのところには女の子よってきますから」
福「お金って怖いなぁ〜」
汚い大人による集中攻撃がw

恋人に求める条件がほぼ”お金”だった石田さんは
石「ヒモになりたいってことだよね、ようするにね・・『俺はヒモの生活が理想だなぁ』」
福「このラジオで石田さんのヒモ発言、どんだけ聞いたんだろうなぁ」
ラジオだけじゃなく、いたるところで言っておられるようですが(笑)

冒頭でも言っていたように、明日はいよいよ?エイプリルフールですね〜
posted by びたみん at 21:15| ラジオ・アニメージュTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

めんたいぴりり博多座 千秋楽

地元ではとってもハイグレードなハコとして知られる”博多座”。
一度は行ってみたいけど、やってるのは歌舞伎か演歌が主で、しかもチケット代も地方の劇場としてはお高めで、縁がなかった場所でしたけど。
『めんたいぴりり』舞台版をやるよ。ってことで、行ってきました博多座に。

入口が豪華なのは知ってたけど、中の内装も豪華だね・・・と場違い感に挙動不審(笑)
っていうか、1・2階ロビーに色々な出店が出ていて年中祭り気分?なのね
30分の休憩中、残り時間が舞台横に表示されるのも初体験でしたし
お食事系も充実してて、一日中居れそうです・・・座席数の割にトイレの数も多いですし
椅子が・・柔らかい(貧乏丸出し)

さて、肝心の舞台ですが
舞台の奥行きが広くてびっくりし、舞台セットの豪華さにびっくりしておりました。
中央の回転舞台の上に『ふくのや』の自宅兼店舗セットと、行きつけの飲み屋のセットが表裏に
左端にゴリけんさんのいる金物屋さんのセット。
右端に酒屋のセット、奥に履き物屋や蒲団屋などなど、視覚効果もあって、かなり奥行きのある街並みが造られてました。
海野家自宅セットには二階もあって、奥に行ったり、二階に上がったり。
出演している役者の数がものすごく多いわけでもないのに、舞台上のどこかで人がウゴウゴ動いてるという、目がいくつあっても足りないよ!な状況でして
場面展開は回転だけじゃなく、セットが左右に割れて海が出てきたり、釜山の街並みが出てきたり、最後はほんまもんの山笠が出てきたりで・・・とにかく、圧倒されました。
(山笠は本物の中州流の皆さんだったそうですが、一ヶ月の間、手の空いている方が交替で舞台に立ってたのかな?とか、どう見ても役者の皆さんは本物の明太子食べてるよね?とか、どうでもいいことも気になったりもしてましたけどねw)

物語としては、ドラマを全編見ているので(なので、あらすじ説明等はしません)、話しの展開を知っているうえでの観劇でしたが、それでも後半は泣きっぱなしw
登場してくる人物の人生にはすべて意味がある。
ドラマ版をさらに舞台用に凝縮した、本当によくできた群像劇だったと思います。
千秋楽の舞台挨拶後、拍手喝采のなか、三度目に幕があがった時にパラ部の斉藤さんが号泣しているのを見て、またまたつられて泣いてしまいましたよ(笑)

めんたいぴりり中州をめいいつぱい楽しんだ宇梶さんw、花見を楽しんだ紺野さん。
これから東京進出するそうな瀬口さん。
棒読みなのにおいしい笑いどころはすべて持っていったゴリけんさんw
舞台に関わったすべての人々。
そして、主演の華丸さん&酒井さん。
一ヶ月間お疲れ様でしたm(__)m

舞台後に出演者の皆さんの閉めの掛け声が緞帳越しに聞こえてきたのは初めての経験でしたよw
舞台裏の盛り上がり具合をものすごく覗き見したかった!
そんな博多座の一日。
posted by びたみん at 11:00| 日常日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

いよいよ開始直前LIFE! シリーズ3

LIFE!5ミニッツ「プラス車掌」新作、見ました
開始が楽しみです

初回は『宇宙人総理』が生放送コントだそうで・・しかも10分以上。
どんな風になるんでしょうね〜
今後は、ロケにも行くそうだしな、宇宙人総理w

そしてムロさんの『どうしたろうかしゃん』w
すでにプラス車掌内での無茶ブリでリアル”どうしたろうかしゃん”状態だったムロさんw
祝シリーズ化だそうなので、このままの面白さで失速しないといいですね

内村さんの話だと、もう、6月まで放送できるぐらいの量のコントを撮りだめているそうで
そのうちのどれだけがボツにならずに放送にのるのか!

また、よく廊下ですれ違っているそうな有働アナの出演が実現することを、
密かにいちファンとして願っております



あ、あと、HNKといえば!
新ブラタモリの最初のロケ地が長崎だと知って、ちょいテンションです(笑)
posted by びたみん at 09:47| ウンナンさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

マジンボーン&QTF12話

最終回間近のここにきて、虎狼兄弟のバトルがめっちゃかっこ良かった件。
いい見せ場だった
あの兄弟には、地球で是が非でも幸せになってもらいたいですなぁ

3/31追記:
まさかのネポス移住エンドでびっくりでした
でも、幸せそうだから、いっか

QTFはやっと石田さんのキャラが出てきましたね。
そして、イベントで「キャラ維持しますから、石田さんは」と言われていた意味がようやくわかりました。
・・・そうだね、車はサラダ食べないよね
posted by びたみん at 22:38| アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のあきらさん明日のかつゆきさん 128回

まずは『エチュードCD第1巻〜石田家の人々〜』の宣伝から〜4/22良い肉の日発売
ほぼ全編アドリブで福さんを加えた3人で頑張っているそうです。
そして、DJDCの宣伝も・・・初回特典のDVDは、まだお二人とも観ていないんだそうな

さて、久々の『都市伝説のコーナー』です。

石田さん都市伝説
『この間信号待ちをしていると隣にすっと立った男性が「えっ!石田彰さんじゃないの?」と思って「あの〜石田彰さんですよね?」と聞くと「あ〜惜しい、今日は違います!」と言って、信号が青に変わるや否や競歩のように腰をくねりながら猛スピードで去っていきました。石田さん、日によって当たり外れがあるんですか?当たりの日にお会いできれば、何かあるんですか?』

小「これは石田さんだったんですか?」
石「その日は違ったんですよ、僕じゃないです」
小「あれあれ?ちょっと難しいことを言ってるぞ、この人。石田彰だけれども、石田彰じゃない日があるんですか?それはノンスタイルの石田明になってるってことですか?」
石「それだとしたら見た目で違いが分かる。白い服を着ていたらノンスタイルだなと思っていただければいいんですけども、僕は白い服を着ていない時でも、僕じゃない時があります」
小「それは何になってるんですか?」
石「何になってるっていうか、何にもなってないですね」
小「・・あの、何を言ってるんですか?」
石「僕は、四六時中石田彰でいることはできないんです。なぜなら石田彰というのは、営業用だから」
お金をもらわないと24時間”石田彰”でいられない石田さん。・・・要約すると
・石田さんにはタケル(仮)という人格がある。
・彼は社交的で旅行好き。最近はオランダに行き風車運転3級の資格を取ってきた。
・お土産に彼がカッポカッポ成田から履いて帰ってきた木靴とチューリップ柄のベストをもらう
・日本国内では資格を活かし、千葉?とかにある大きい風車をまわしている
・タケル(仮)の売りはセクシーなちょいワルおやじ
ということらしい。
ちなみに、当たりの石田さんに出会えたら『あなた用にもう一人の石田さんがもらえます』とのこと。
・・・もう多重人格設定なのか、ドッペルゲンガーなのか意味不明ですw


小西さんの都市伝説

『小西さんは選ばれた者にしか抜くことが出来ない刀を抜いたことがある。という噂を聞きました本当ですか?着流し姿で刀をふる小西さん、絵になりますよね!』

小「本当です。僕は伝説の剣を3本持っています。これが、あるコンビニに偶々入ったところ、入り口の目立つところに伝説の剣が無造作に置かれていたんですよ。
でも、それは誰でも手を出せる物ではないんです。勇者たる資格を得ないと手に入らないんですよ。
どうやったらその資格が手に入るかというと、1枚500円ぐらいの赤い四角い紙がたくさんあって、それを何枚か持って「これを下さい」ってレジに持っていき、しかるべきお布施を払う、その中の一枚になんと勇者認定の券があったわけですよ!しかもその時は、お札3枚くらいしか手に取らなかったんですけど、1枚がA賞って書いてあったんです!」

と、いうのが勇者の剣1本目【天空の剣】をゲットした経緯。
2本目【王者の剣】は電車を降りた半地下の洞窟(自動扉付)で6枚のお札を買って(以下略
3本目【勇者の剣】は魔法の箱でポチ(以下略 
〜3、4ヶ月後、選ばれた勇者のところに段ボールで届く。
『約3万円【勇者の剣(未開封)】』

「まだ、勇者の剣で竜は倒してない。ただ、いつでも四本目の刀は抜(下ネタ略」 

うん。っていうか、一番くじだよね!
都市伝説コーナーは今回のように5週ある時にやるそうです(笑)
瞬時に話を創作するのも大変でしょうからね〜
posted by びたみん at 17:00| ラジオ・アニメージュTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

AnimeJapan 2015 スターチャイルドブース『昭和元禄落語心中』

ニコ生で見てました
石田さん本人は今日、朗読劇で富山に居るのに、ステージ上ではたくさん出てましたね、名前が。
関さんも小林さんも、八雲師匠って言わないで「石田さんの家に居候」とか「石田さんに弟子入り」とか中の人の名前で全部言っちゃうからw
しかも、関さんが勝手に「来年、山寺さんとか石田さんとか出演者全員で寄席に出ます!」みたいなこと言っちゃうし(笑)大丈夫かな?

少し期待していたんですが、結局まだ、TVアニメの放送開始月や、ネット局の発表はありませんでしたね。
posted by びたみん at 15:20| 石田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

CUT No.353 PERSONA3 THE MOVIE

音楽の目黒さんと理役石田さんのロングインタビュー。
P3の紹介&ビジュアルが1P、目黒さんのインタビューが3P、石田さんのインタビューが2Pという構成で、とても読みごたえがありました。
キタロー(理)について、こんなに長く語っているのは劇場パンフレット以来じゃないでしょうか?
理の演じ方、1章の時の緊張感。面白いお話が読めましたが
何より気になる。3章に出てくるという、理が心の底から笑うシーンw
今から、どんな状況でそうなるのかが楽しみでなりません。

また、別のページに3章のキービジュアルと映画の宣伝が1Pを使って掲載されていますが。
インタビューを読み終えて改めて見ると、『理と綾時は対をなすキャラクター』という意味
まるで双子の胎児のような描かれ方をされたキービジュアル
あの二人が辿る今後の運命を思うと、公開前から色々と考えてしまいますね。
posted by びたみん at 16:21| 石田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

今日のあきらさん明日のかつゆきさん 127回

1959年3月17日は少年マガジン・少年サンデーが創刊された日。
ということで、漫画に纏わるお話いろいろ。

石田さんの少年期は、ブラックジャック・がきデカ等が連載されていたチャンピオン黄金期
小西さんの少年期は、ジャンプ黄金期で『きまぐれオレンジロード』にハマっていた。
当時は珍しかった少年誌の恋愛漫画。
今では逆に硬派な漫画が減ってきて、少年向け王道漫画を女の子が読んでいる。
しかも、そのイベントに参加するのは女子が多かったり。
そんなところが変わってきているんでしょうね〜みたいなお話。
小「男の人が少女漫画読んでいてもおかしくないですもんね」
石「でも、少女漫画はハードル高いよね?コマ割りとか読む順番が分からない」
小「表紙の色とかデザインのされ方が乙女チックな感じがして、手に取りづらい。もうちょっと表紙がシンプルだったらいいな」「少女漫画の背表紙・・・可愛いすぎですよね。さすがに、自分が出るにしても可愛い装丁はレジに持っていけないんですよね」

・・・まだまだ、男性が少女漫画を買うのには抵抗があるんでしょうか?
「そんな時はネット通販か電子書籍」
と、細かい使い方を小西さんにレクチャーする石田さんw
さすが、ぷち引き籠り

「『ジャンプ』にしろ『花とゆめ』にしろ〜」と話し出した石田さんにすかさず
「よく知ってますね・・・さては、読んでるな?」と返す小西さんw
・・まぁ、読んでるというより、一時、石田さんは白泉社原作ドラマCDの常連出演者みたくなってましたからね・・


さて、今回のチャレンジコーナーは『CDのビニール早はがし』
〜声優さんは完パケをいっぱい開けるので、少しゲームの難易度を上げて、今回はどれだけ早く、しかも綺麗にはがせるか。で対戦します〜
用意されたもの:『こいしさんDJCD』と『O+K アニメーション2巻』
第一回戦 CD編
石田さんが一瞬ではがすも、一部はがしきれていなかったので小西さんの勝
第二回戦 DVD編
綺麗さでも速さでも小西さんの勝
第三回戦 CD編〜純粋速さ対決〜
純粋な速さを競い、やっぱり小西さんの勝

ということで、小西さんの3勝で幕を閉じました(笑)

ちなみに、現在募集中のこいしさん会議の議題は『春からの新生活、今買い換えたいものは、家電と服ならどっち?』です。
石田さん家電派、小西さん服派だそうですよ〜
posted by びたみん at 13:41| ラジオ・アニメージュTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

PERSONA3 THE MOVIE #2 Midsummer Knight's Dream

まずは、止め絵ではあったけど、夏休みのシーンでコミュの面々が出てきて、すっごく嬉しかった
『未公開映像4分追加』と聞いて、1章より短いなぁ・・・と思っていましたけど、実際見て観るともっと長く追加されているように感じますね。
美鶴さんとお父さんのシーンとか、荒垣さんと真田さんのシーンとか比較的重要なシーンだからでしょうか?

そして、何より楽しみだったオーディオコメンタリーw
2章は石田さん&緒方さんのキャスト陣参戦ですよ!
前回要望したとおりになっていてありがたい。
で、始まって数分。
さっそく舞台挨拶で話題になっていたらしいラブホの話から始まり(笑)
巻き戻して確認する”棺桶3つのSM部屋”・・・特殊すぎるΣ(゚◇゚;)

屋久島に連れてけとおねだりする石田さんとか、なかなかフレームに入らないコロマルwとか、
長いこと声優さんをやってらっしゃる緒方さん&石田さんによる業界裏事情とか、楽しかったし
前回に引き続いての制作裏話、石田さん@理&ファルロスの演技プランのお話は興味深かったです。

緒方さん&石田さんの会話
・荒垣さんがコロマルに餌をやるシーン
石「(荒垣を見ながら)そんなに自分の優しい部分を隠さないでいいのに」
緒「同じこと石田君に返してあげるよ」
・みんなでお祭りのシーン
緒「(石田さんに)女子を浴衣にして、とりあえず連れて行けよ!」
・バーガーショップで
緒「(アイギスがもし、おっさんだったら)気持ちが動かないって言いたいわけですか?」
石「・・傍にいてくれるって言っても嬉しくはないかな・・・」
とか(笑)、ここらへんの掛け合いが、相変わらずなお二人で楽しかったw

そういえば・・劇場時に流れていたPQ版マナー警告は収録されていなかったですよね?
あれは劇場のみだったのかなぁ〜ちょっと残念
ただ、今回のペルソナシールは個人的に当たりだ!と思うようなラインナップで嬉しかった
アイギス×2、理、コロマル、順平、舞子、ネメシス、ハイエロファント、ハーミット、ジャスティス&チャリオッツで
コロちゃんが出たよ

あと、約一ヶ月後には3章公開ですね〜
posted by びたみん at 15:24| '13年〜'17年CD&DVD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

小川案件ですか?

5人の落ちこぼれ魔法使いたちが織りなす、ドタバタマジカルライフ

ドラマCD「まほう×少年×Days!!!!!」第1巻 詳細
キャスト
ユウキ:斉藤壮馬
ヒカル:下野 紘
タクト:柿原徹也
ラン:石田 彰
ダイチ:小西克幸
オウルロード:中田譲治
2015年6月24日発売、アニメーションPV(約1分30秒)収録DVD付・・・

新作の企画ドラマCDですね〜
って、石田さんも小西さんも16歳の少年役かよっ!
ビジュアル的にはアリかもしれないけど、びっくりしましたw
そして、やっぱりマッドサイエンティスト役なのね、石田さん(笑)


そういえば、今日やっとP3M2章のBDが届きました
感想はまた後日書こうかと思いますが
コメンタリーにニヤニヤしっぱなしでしたね
posted by びたみん at 00:13| 石田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

今日のあきらさん明日のかつゆきさん 126回

スタジオの照明が一つ切れて、収録時スタジオ内が暗かったそうで。
そこから、最近視野に黒い点が入って片目が暗く見えるため眼科に行ったら、寝る前に暗い部屋でスマフォを弄っているせいだったことが判明した、という小西さんの近況報告〜からの暗いところで勉強したら目が悪くなる説は嘘。話や、ブラウン管から液晶になって変わったTVからの適正距離。
各々の家のTV事情などなどを話されたオープニングトークでした(約9分?)

最遊記のフリートークでも以前おっしゃられてましたが、石田さんは、相変わらず、追い込んでやらなければならない台本はファミレスで読み込みされているようですね〜

無音時よりもTVをつけっぱなしの方が作業能率は落ちてる実感はあるけど、やっぱり音がないと安心できない、雑音が必要。みたいなお話の時に、
小「じゃぁ、僕、石田さん家に行って、チェックしている間ずっと横で喋ってますよ!」
小「隣の部屋で、TV借りてアニメのチェックとかしてます!」
という、石田家押しかけ発言に笑ってしまったw


こいしさん会議。今回のお題は『タイムマシーンを1度だけ使えるとしたら過去に行く?未来に行く?』です。
小西さん過去派、石田さん未来派にわかれての討論でしたが、圧倒的に過去派に偏ってしまったようで・・・

・過去派
・宝くじの当たりナンバーを過去の自分に教える。
〜ロト・ナンバーズ系を(競馬だったら未来でも可)
・未来が怖いので消去法で
・過去に戻って人生をやり直す
・過去の偉人の顔を見に行く
小「沖田総司の顔とかみたいですよね、美形なのかどうか」
石「美形じゃないでしょ?沖田総司は」
小「石田さんは、沖田いっぱいやってると思いますけど」
石「そんないっぱいはやってないけど、やってますよ」
石「そこはファンタジーとして美形ってことにしておいた方が、みんな幸せなんじゃないかなぁ?」

小「西郷隆盛とかどうなんでしょうね?」
石「だったら、聖徳太子の写真を撮っときたいよ」
小「あれ、空想の人物ですよね?」
石「居て欲しいなぁ」 
小「今は、解読できなかった文献も、どんどん解読されて、若干歴史が違うんですよね」
石「だったらそんな不確定な過去より未来を見てこようよ!」
という、未来派に流す綺麗なオチw
みんな、自分が将来どうなってるかばかりが気になって もっと先の未来の文化とかは興味がないよね〜みたいにお話されてましたね。
まぁ、今後、碌な未来が待ってなさそうだから・・・過去派優勢なのも納得できます。

・未来派
・ドラえもんのいる未来になるのか見に行きたい。会いに行きたい。
〜ロビくんのCVって大谷育江さんだったんですね;
・過去を振り返れば後悔ばかり、たとえ暗い未来でも変えようと努力できる!

全体的に未来派はポジティブな印象。
小「次の東京オリンピックに石田さんが出てたらどうします?」
石「何競技で?53才だよ」
乗馬?とか射撃?とか、競技のことであれこれお話されてましたけど、、、
万が一何かしらの形で係れるとしたら、開会式・閉会式・・とか?
もしくは国内放送のナレーション・・・も無いだろうなぁ(笑)

次回の募集議題は、すでに告知のあった『寝る時は布団派? ベッド派?』ですよ〜


昨日のマジンボーン。
虎狼兄弟がやっと地球側に戻ってきてくれましたけど・・・
あのまま終わり、じゃないよね?とドキドキします。
残り話数が、あとわずかですけど、出番がまだ、あるといいなぁ。
posted by びたみん at 13:34| ラジオ・アニメージュTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

迷宮シリーズ

迷宮 古本屋さんで見かけて以来ハマっていた

 『京&一平・迷宮シリーズ』

 途中、連載をお休みしていた期間も長かったですが。

 このたび、30周年を迎えるということで、行われていたキャンペーン”図書カードプレゼント”に応募してみたら・・当たってた

記念に、ものすごくハマってた頃にやっぱり懸賞で当たったゴールド京ちゃん(この頃はテレホンカード)もあわせてUPですよ
時代を感じるな
posted by びたみん at 13:34| 日常日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

昭和元禄落語心中 与太郎放浪篇・前篇 DVD

昭和元禄落語心中7巻特装版DVD
予約先の本屋さんが、入荷と同時に電話をくれたので、仕事帰りに引き取ってきました
普通こんなに早く九州では手に入らないので、ありがたい!
以降、リピート視聴中。


たぶん動画枚数に予算制限があるだろう中で、動かせる範囲で頑張って動かしてるし、音楽の演出も良く、原作の端折り方も違和感なくて良いアニメだと思います。
この手の特典DVDで45分もの収録時間ってのも贅沢です。

期待した八雲師匠の『死神』は、前篇の段階では先行公開で聞いた冒頭部分しか演じていなくて(途中から音楽と動き&与太郎のセリフで演出)、
ちょっぴり残念でしたが、その分、与太郎の『出来心』フルは圧巻でした。

石田さんのお芝居は、立ち上がったり、煙草を銜えながら喋ったりの細かい部分が相変わらずのクオリティーの高さですごいなぁ〜と、ただただ感心しますが、老け声芝居の喋り出し部分がたまに老け声になり切れていないところがあった気がして気になりました。
声だけ聴いていると気にならないから、アニメ絵とのマッチングの関係かな?と、思ったり。

それにしても、膝枕のシーンは色っぽいなぁ。
師匠の迫力と色気・・すごかったです。
関さんの与太郎は、見る前から想像できたし、想像通りだし、原作の与太郎まんまだと思いました。
与太の落語がどんどん上手くなっていく過程が面白かったw
小林さんの小夏さんもイメージ通り。
できれば、小夏さんの落語シーンも聴いてみたかったです。

後編、早く出ないかなぁ(笑)
posted by びたみん at 15:02| '13年〜'17年CD&DVD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

劇場版ペルソナ3 3章新PV

満月更新で新しいPV&キービジュアルが発表されましたね
新しいキービジュアル、思わせぶりでカッコイイなw

新PVも温泉浴衣でテンションあがります
今回のPVでファルロス、綾時、理が続けて喋っても、ちゃんと判別できているので、本編で綾時・理の掛け合いが続いたとしても、ちゃんと混乱せずに見れそうで良かったです(笑)
まぁ、最初から石田病の自分は、あまり心配してませんでしたけど。
普通のペルソナファンはどうなんだろうなぁ?コレ

落語心中DVD、早売り地区の方はもうご覧になられているようですね〜
こんな時、地方はツライ
こっちは9日頃入荷でしょうが、本屋から事前確認の電話がこなかったのを思い出し、今更ながら予約票を手に「あれ?これ入荷しなかったらどうしよう?」と不安に思ってます
posted by びたみん at 10:25| 石田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

今日のあきらさん明日のかつゆきさん 125回

オープニングトークは・・・目線、アイコンタクトについてって感じかな?
アフレコ現場で目線下めで座っていると、ちょうど女性のお尻の部分に目線がいく小西さん。
真剣に考え事をしている時ほど、何も考えずにお尻をガン見しているので、それを誤解されたくない。
むしろ、本気で見ようとしている時は、台本とモニターの視線ルートの間に入れて、バレないよう見るよね〜的なお話(笑)

さて、今回は”ふつおたコーナー”です。
リスナーさんからの要望を、さまざまいただいているようで、それらをご紹介。と雑談。

・『以前書いた”書初め”をプレゼントして欲しい』
これまでに、いろいろ描いたものも今後、プレゼント&売ることを考えようと思う。
が、今日は小川Pが現場におらず判断できないので、次回(一ヶ月以上先)に結論は持ち越しですw

・『過去の配信をCD化して!』
まとめたものをイベントで上映会?もしくは、面白いところだけ編集して配信か発売?するかもですが、出来るかどうかの判断をできる小川Pが別件でいないので(以下略

・『小川神社のお賽銭はどこに置けば?』
頂いたお金の処理に困るので、お賽銭代わりにグッズを買ってねv
現在、他のアニメイト店舗にも小川神社を置けるように交渉中(秋葉原店は設置期間終了)
〜お布施は大きな形で帰ってくる可能性がありますよ〜イベントだったり、運営資金にもなりますし〜という宣伝に落ち着くw

・『大人のチョコバットなるものを知っていますか?』
大人のチョコバットについての雑談(主に下ネタ)と駄菓子についてのグダグダ雑談で今回は時間切れ

とりあえず、ほぼ小川さん回答待ちで終わった回でしたね
posted by びたみん at 16:16| ラジオ・アニメージュTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドキ・王子様だらけの野球大会

王子様(笑)シリーズドラマCD最終章連動購入特典
『ドキ王子様だらけの野球大会』
1:9分54秒、2:13分30秒、3:7分07秒
キャスト
シンデレラの王子様=鈴村健一、白雪姫の王子様=中井和哉
ラプンツェルの王子様=石田彰、アラジンと不思議なランプの王子様=宮野真守
竹取物語の王子様=置鮎龍太郎、源氏物語の王子様=吉野裕行
いばら姫の王子様=小野坂昌也、カエルの王子様=杉田智和
人魚姫の王子様=森川智之、白鳥の湖の王子様=遊佐浩二
その他いろいろ=竹本英史

作中でも言われていましたが、最後の連動CDだろうに、、、
本当に野球をやってるだけだった(笑)

チームわけは以下のとおり
紅組:シンデレラ・白雪・ラプンツェル・竹取・源氏・と、従者たち
白組:アラジン・いばら・カエル・人魚・白鳥・と、ランプの精など

チームの総合力はダメダメだけど、意外と仲良しで楽しそうな紅組。に対して
アラジンをトップに戦略野球を繰り広げ、得点では勝ってるのにギスギスしている白組
という、真反対なチーム構成w
ルールを知らなかったり、武器を待ちだしたりといつもの個性豊かな面々のドタバタエンドでしたが
いつものグダグダが変わらず楽しかった
あまりにあっさり終わりすぎて、本当にこれが最後なのかな?と寂しく思いましたね。
出来れば、また何かの形で復活して欲しいものです。
posted by びたみん at 09:36| '13年〜'17年CD&DVD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする