2013年11月30日

ドラマCD「息遣いシリーズ お屋敷編〜執事と義弟の取り合い吐息〜」

1.クローゼットに追い詰められて 6分35秒
2.知らない香り 5分41秒
3.花嫁修業、開始 8分07秒
4.指を重ねて 4分06秒
5.番外編@ 暗闇の中で 4分57秒
6.スパルタ指導 4分52秒
7.二人に合わせて軋む音 5分24秒
8.番外編A アイテムを使って 2分37秒
9.ほころんだ主従関係 5分44秒
10.壊れた姉弟関係 5分11秒
11.執事としてではなく、私を 〜榊を選んだ場合〜 8分20秒
12.義弟としてではなく、僕を 〜奏汰を選んだ場合〜 7分55秒
13.父の帰国 〜どちらも選ばなかった場合〜 4分45秒
14.キャストトーク 4分23秒
キャスト
芹澤榊=石田彰、結城奏汰=保志総一朗、主人公の父親=藤原啓治

フロンティアワークスアンテナショップ
連動購入特典:スペシャルトークCD
15分22秒
出演:石田彰、保志総一朗、立花慎之介、梶裕貴




感想
posted by びたみん at 17:40| '13年〜'17年CD&DVD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大ヒット御礼舞台挨拶

12月7日(土)に梅田ブルク7と109シネマズ名古屋で行われる劇場版アニメ「ペルソナ3 第1章 Spring of Birth」の大ヒット御礼舞台挨拶決定!
登壇メンバーも豪華ですよね〜
『結城理役の石田彰さん、岳羽ゆかり役の豊口めぐみさん、伊織順平役の鳥海浩輔さん、真田明彦役の緑川光さん、山岸風花役の能登麻美子さん』だそうで
皆さん、当日は東京〜名古屋〜大阪を揃って大移動ですねv

本気で大阪の方は揺らいだけど、仕事だった・・・
なんだかんだ、新大阪まで片道2時間30分〜3時間はかかるわけだしな・・・ぐぅ

でも、大ヒットvおめでとう。

posted by びたみん at 17:09| 石田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャラクターCD最遊記 沙悟浄

T.TITLE CALL 8秒
U.GOJYO'S ACCIDENT 16分06秒
V.HAUNTED HOUSE 20分32秒
キャスト
玄奘三蔵=関俊彦、孫悟空=保志総一朗
沙悟浄=平田広明、猪八戒=石田彰
ジープ=岡嶋妙、竹内栄治


タイトルコール悟浄。
悟浄と八戒は歌のかわりにドラマ2本なのでドラマのボリュームアップw
『GOJYO'S ACCIDENT』は悟浄以外のメンバーが風邪を引いてしまい、看病に奔走する話と
『HAUNTED HOUSE』は、たまたま立ち寄った空き家で幽霊に怯える悟浄。
夜のトイレ〜いざとなったら八戒をまっさきに頼る悟浄さんがマジ悟浄さんw
2本ともありがちな話ではありますけど、三蔵一行ですからね。会話のやり取りだけでニヤニヤできます。
番長皿屋敷風八戒w勝手にキャバクラで7万使い込んできた悟浄に対するお仕置きが相変わらずアレですね…
悟浄&八戒の会話がいちいち夫婦くさいのも相変わらずでした。
posted by びたみん at 16:50| '13年〜'17年CD&DVD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

今日のあきらさん明日のかつゆきさん 60回

まずは今週末に迫ったシルエット公録について〜
この収録自体は10月半ばに行っているそうなので、お二人ともまだ、実感がないようですが…
サイトにはイベントで販売するグッズ情報も出ていますね。
チャレンジコーナーで二人が描いたゆるキャラは缶バッジになっているようです。

ちなみに今回の占いの館の進行は、たじまゆかさん(漢字がわかりません;)ニューフェイスです。
そんな初ラジオ進行のたじまさんを前に「シルエット公録を全裸で収録する!」〜とかアホな話を(主に小西さん主導で)繰り広げていたせいで、石田さんに「僕ら・・・小野坂さんじゃないよね?」とツッコミを受ける。
・・・というか、石田さんの中では、小野坂さん=セクハラのイメージなのか?(笑
今回は新人たじまさんに厳しい業界の現実?を二人そろってあれこれ言っておりましたねw

心理テスト『指を組んでどちらの親指が上?&腕を組んでどちらが上?』
A.親指が右上 ― 論理的、親指が左上 ― 直感的
A.右腕が上 ― 文章で伝達、左腕が上 ― 絵や音で伝達

石田さん ― 親指&腕 右上。〜論理的に考え、文章で伝える人
小西さん ― 親指左上、右腕上。〜直感的に考え、言葉や論理的に伝える人
たじまさん ― 親指&腕 左上。〜直感的に考え、絵や音で伝える人
という結果に。
石田「左上で腕を組む人は単純に左利きの人だと思うけどね。」
小西「先輩・・・屁理屈」
石田「・・ごめんね。論理的に考え、文章で表す人だから!」
小西「天才肌なんだよ。だって現場で石田さん見てたらわかるもん、こんな天才いるんだ!って」
石田「僕、右腕が上で右指が上だったよ・・」
小西「それは、天才じゃないの?天才じゃないのか」
石田「天才じゃないの」
小西「秀才か」
たじま「秀才です!」
石田「適当に言うな!おまえも。たじまさん、貴方は結構、適当な人だね」
小西「石田さんみたいに、才能もあるのに、秀才のように努力をするって一番厄介なタイプですよ。潰れないですもん。努力してるから」
・・・こにたんは、石田さんに潰れて欲しいのか?w
というのは冗談として、何だかんだで褒めちぎってますね。相変わらず・・
ファンとしては石田さんが良い評価なのは嬉しいのですが、なんか、もにょもにょする。
posted by びたみん at 18:30| ラジオ・アニメージュTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

劇場版ペルソナ3&エヴァ展

念願のペルソナ3映画です。
行ってきました!昨日ですが・・・
初回を外して、とりあえず欲しかったパンフとイヤフォン等を購入して、連続2回観てきました。
博多は男女比半々で300ちょっとの座席が2回とも半分くらい埋まっていましたね。
初見はやっぱりOPの音楽からゾクゾクして、P3始まった!という感じでワクワク。
大音量で聴くP3の音楽はやっぱり素晴らしかった。OPにはコロちゃんも天田くんもいたしねv
武器を使った戦闘も、画面に見切れるコミュの面々も懐かしさと楽しさでいっぱいでした。
PVで見たとおり、キタローの最初のペルソナ召喚シーンはイっちゃった顔も含めてすごかったし!
ただ、ゲームを完全再現してくれてる嬉しさの反面、ゲーム同様にカレンダーを挿むので多少テンポが悪くなっているような感じがしましたね。
最後の戦闘はバイクで突入してくる理がカッコイイのですが、なかなか決着がつかなかったしネ(笑
石田さん@理の「オルフェウス」っていう低音の叫びが、かなりゾクゾクします。かっこいいv

石田さんが舞台挨拶でも大変だったと言われていたそうですけど、やっぱりファルロスの声は若干セリフの最後が掠れめになるあたり、出すのしんどそうだなとは感じましたw
主人公のコミュ障ぐあいは、あー最初はこんな感じだったなーと、かなり以前のゲームプレイ時の記憶を思い出しつつも、お決まりの「どうでもいい」よりも「近い」と「わかった」のセリフが多くて少し驚きましたね。(まぁ、基本無口ですが)
順平が顔を近づけて理に話しかけるたびに「近い」とツッコむシーンは笑ってしまったんだけど、他のお客さんが無反応だったんで、ひとり堪えてました;
EDロールのクレジットに主人公の他にファルロスにもダブルで名前があってテンションがあがるw
次回は来年の夏ごろだそうで、待ち遠しいです。

ちなみに、来場者特典のビックリマンシールは2回分で、マジシャン・イオ・エリザベス・順平・幾月・マーヤとパンフの理でした。
パンフは石田さんのインタビューもどーんと載っているので買っておいて良かったv
エヴァ

そんなこんなで劇場に5時間ぐらい居座った後、駅をブラブラしていたら漫画ミュージアムでエヴァ展をやってるよ。というポスターを発見。
勢いでエヴァ展(博多→小倉)にも行ってきました(笑
エヴァ
庵野さん&カラー監修の展示会で「Q」を含む生原画や設定資料、約300点の初公開。
画コンテ、レイアウト、原画、動画など壁の膨大な展示を見ながら、脳内でパラパラ漫画に組み立てる作業をしていたら、映画を観た後の脳がクラクラして少し気持ち悪かったですw
作監さんのチェックが終わったものがカラー紙になってたり、ネルフの内部が方眼紙で作ってあるんですが、一見雑なのに裏側は細かかったり、没になってしまって日の目をみなかったメカ等がものすごく細かい設定で作ってあったりと面白かっですよ〜
等身大の綾波フィギュアではカップルが揃って写真を撮っていたりと、カップル率が高かったのにも驚きましたけど。

キャラクター設定の展示にはしっかりと、そのキャラクターのCV担当も記載されていて、カヲルの前で1人ニヤニヤしていて怪しい人でした。
たぶん『Q』の原画だと思うんですけど、カヲルが遠くを見つめている場面で「セリフC1,2,3」と走り書きしてあるうちの1に○がつけてあったりして、何パターンかのセリフを試したのかしら?とアレコレ妄想するのも楽しかったです。
他のキャラクター同様にカヲルも初期のTVシリーズからQまで、点在して展示してありましたが、ピアノの連弾直前の俯いた顔と爆死寸前の「また会える」の顔の原画は思わず凝視してきましたねw

交通費だって馬鹿にならないのに、調子にのってカヲルの展示会限定グッズまで購入したら、財布の中身が恐ろしい事になってしまって・・・明日が給料日じゃなければ死んでたねb
本当に限定グッズ以外にもいろいろあったんで、、、ショップは展示会のチケットが無くても購入できると書いてあったし、12月末までに機会がかればもう一度行くかも?
posted by びたみん at 16:17| アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラタカンガタリ完全生産限定版6巻

映像特典:ピクチャードラマ『ハルナワとアラタ、もっとも危険な遊戯』
静止画だけど、結構、絵は変わります。この手の特典にしては少し長めの15分弱。
"兄(中身アラタ)の記憶を取り戻そうと、昔よく一緒に行った遊園地へと連れて来た妹の仍。そこで門脇(中身ハルナワ)と遭遇して、記憶の戻らない兄の相談をするも〜いろいろあって攫われて〜以下アラタVSハルナワのバトル"というお話;
ハルナワ@石田さんがぶっちゃけ本編よりも喋ってると思いますw
アラタをはめるためでしょうけど、ハルナワは、仍に対しては比較的優しげに対応しているので、遊園地の雰囲気にブツクサ言ってるシーンも含めて、ただのツンデレキャラにしか見えないです、ハルナワ(笑
posted by びたみん at 14:57| '13年〜'17年CD&DVD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

ボクの妻と結婚してください?

内村さんが来年舞台をやると聞いて。
観てみたい!けど、無理だ(笑
『ボクの妻と結婚してください。』
DVD発売しないかな〜
”余命6ヶ月の男が、妻の結婚相手を見つけるという“婚活”&“終活”ストーリー”だそうで、内村さんは余命6ヶ月の男役ですね。
来年2月27日から東京・天王洲の銀河劇場〜

舞台に関しては、本当に関東近郊住がうらやましい。
posted by びたみん at 09:32| ウンナンさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

今日のあきらさん明日のかつゆきさん59回

オープニングトークは最近の気候について〜で、東京は亜熱帯化?
日本の朝の風景が雀から南国の鳥にかわっていたら?目の端で動くものがゴキブリからアナコンダに?など
小西さん的にはゴキブリよりアナコンダの方がマシらしいですがw

そして、今回のチャレンジコーナーは『傘バランス』と『閉眼片足立ち』←片足立ちは一般平均40秒らしい
・傘バランス
小西さん→25秒、石田さん→23秒
・閉眼片足立ち
小西さん→45秒、石田さん→48秒
小西さん(足して)70秒VS石田さん71秒で石田さんの勝??

片足立ちでの石田さんの「疲れてきたよ〜」の連発に思わず笑ってしまったよ。外で聞いていたのに。私、変な人じゃん!
お二人とも、一方がチャレンジしている時の穴埋め会話に一生懸命なんですが、石田さんの「お尻に力を入れてv」に動揺して失敗する小西さんが楽しかったるんるん
posted by びたみん at 13:14| ラジオ・アニメージュTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

王立王子学園 〜re:fairy-tale〜 vol.4 親指姫の王子様

01.モノローグ 2分04秒
02.中庭で一休み 3分40秒
03.ボクの好きなモノ 18分55秒
04.森の中の隠れ家カフェ 19分30秒
05.一緒にお出かけ、しよっ? 5分23秒
06.ボクの悩み、聞いてくれる? 10分26秒
07.キミとお出かけ♪ 12分21秒
08.柊家へようこそ! 3分10秒
09.キャストコメント 4分26秒
キャスト
親指姫の王子様 柊秋親=梶裕貴
美女と野獣の王子様 柳生琥太郎=森川智之
白鳥の湖の王子様 白鳥伊織=石田彰

今回のお当番は親指姫の王子様 柊くん。
天真爛漫な柊とそのお目付け役的な柳生&白鳥なトリオです。
前作から25年後の息子の代になっているので、それぞれ性格が多少変わっているようですね。
今回の白鳥くんは奏にくらべて子供っぽさが抜けて冷たい印象が残ります。
1年生(奏)と3年生(伊織)で年齢も違いますしね。
ただ、石田さんのコメントを聴くに、どうも、伊織はまだ本性が出ていないのかな?

森川さん@柳生と石田さん@白鳥の「秋は本当に良い子だ〜」からの一連の会話にセリフとはいえ『ちょっ中の人w』と思わずニヤニヤしていましたけどねv
だって、キャストの中で梶さんだけ、年がずいぶん離れてますからねぇw
posted by びたみん at 15:54| '13年〜'17年CD&DVD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

清須会議を観に行ったら

来場者特典で『かぐや姫の物語プロローグー序章ー』のブルーレイ+DVDをいただきました。
すごいな・・・ジブリ。大盤振舞ですね;
ロングCMも何回も流れていましたし。
ただ自分の中では、公開初日の11月23日は劇場版ペルソナ3を観る!の一択しかない(笑

清須会議は、"会議"だからね。
歴史でも、有名な出来事だから結末も知ってるしで、予想はしていたけど、たんたんとしていましたねf^_^;
三谷さんらしい演出ではありました。
・・・EDテロップの(様々な声)山寺宏一ってなんだ!?
と思っていたら、蚊と馬のいななき、エキストラの声、三法師と子供の笑い声だそうで。
気づかなかった・・・・蚊の音は「鬱陶しいなぁ」とは思っていたけどw
posted by びたみん at 17:11| 日常日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

今日のあきらさん明日のかつゆきさん58回

今日は“皮膚の日”。
ということで、クリギムの写真撮影時にメイクさんに「乾燥してますね〜」と言われたことから乾燥肌のお話やら手の若返りの方法まで。肌にまつわる雑談

そして、今回の都市伝説は〜
石田さん編『大男に手を引かれてどこへ?』と小西さん編『しっぽがあるというのは本当ですか?』でした。
石田さん回答:牛の世話を適当にやっていたら、お爺さんと知り合いになり豆を貰った。以下『ジャックと豆の木』に続く〜
小西さん回答:昔あったが、満月を見ると大猿になってしまっていた。
知り合いの刀を持った男の子が切り落として、そこから生えなくなった。以下『ドラゴンボール』に(略

すっかりほら吹きコーナーです;
でも、瞬時に話を創作(既存作も含め)して繋げていかないといけないので、意外と大変なコーナーなのかもしれませんね。
・・・何気に『石田さんの背中に羽が生えているのは事実だと思います』というリスナーさんのメールに、石田さんが、「認めてくれてありがとう」とナチュラルに返して終わっていたのがw
今後も「昔、羽が生えていた」ということで通していく気なのねw
posted by びたみん at 13:19| ラジオ・アニメージュTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

ノブナガン出演決定と。

劇場版ペルソナ3の舞台挨拶登壇が決まりましたね、石田さん。
行けないので、また行かれる方のレポートを楽しみに待とうと思います。

現在配信中のむかしむかしのものがたり『猫檀家』。
やたらと石田さん演じる化け猫がイケメンボイスで、氷上さんじゃないけど、笑ってしまったw
どんだけイケテル猫なのか?
posted by びたみん at 01:08| 石田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A列車で行こう!

三角A列車で行こう!に乗って三角に行ってきました。
三角駅構内もA列車使用でかっこいい!(主に天上、ここには写っていませんが、天上の模様の中央には、A列車のロゴがちゃんと入っていた)
三角

ほとんどの客さんはそのまま船で天草に行くか、バスに乗り換えて多方面に観光へ行かれるのですが。
ただ、A列車に乗りたかった自分は、新鮮なお魚を食べ、物産館でお買い物をして、帰りは鈍行に乗って帰りました。
単線を結構飛ばすので、電車のバウンドがすごくて。連結部分の揺れを見ているだけでハラハラして楽しかったですw
三角肝心のA列車ですが、落ち着いた雰囲気でとても良かったです。
三角残念ながら、取れた席はバーカウンターがある1号車ではありませんでしたが、ゆふいんの森号と違って、2両編成で乗客が少ないこともあってか、乗車時間約30分でもグッズ等が並ばずにすぐ買えたし、静かで快適でした。
発車前にバタバタ撮影したので、車内が暗めに写ってますが、ステンドガラスな内装が素敵です。
三角三角三角

熊本駅であそぼーいに出くわして、思わず撮影v
三角三角
熊本に行ったついでに、熊本城 桜の馬場『城彩苑』でお買い物。
お客さんが外国人だらけで驚きました・・・お店の人は英語必須だなぁ。
posted by びたみん at 00:35| 日常日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

ドラマCD妖怪アパートと幽雅な日常その3(5巻特装版)

『こちら側から思うには』
track1 いつものことです 11分17秒
track2 大人たちの話 4分33秒
track3 こちら側から思うには 12分03秒
『そのように決意し、そのように行動すること(特別書き下ろし)』
track4 大人たちは・・・ 11分56秒
track5 精霊たちは・・・ 9分57秒
track6 フリートーク 23分28秒
キャスト
稲葉夕士=阿部敦、長谷泉貴=中村悠一、クール=子安武人
久賀秋音=沢城みゆき、一色黎明=石田彰、深瀬明=中井和哉
古本屋=杉田智和、龍さん=森川智之、佐藤さん=遊佐浩二
骨董屋=速水奨、クリ=釘宮理恵、シロ=田村睦心
又十郎=麦人、ケット・シー=櫻井孝宏、コクマー=遊佐浩二
スクルド=釘宮理恵、ザンディ=田村睦心、ウルズ=沢城みゆき
鳥1〜3=子安武人、森川智之、杉田智和
妖怪たち=高橋良吉、田頭里奈

龍さんお帰りなさい。ということで、龍さんを中心に今回はお話が進んでいますね。
残りのメンツは・・・相変わらず酒盛りをして騒いでいるだけのような〜・・書き下ろしの方で喋り捲ってます。
あと、子安さんが自由なのはいつもの事です。さらに、ケット・シーの若本さん化が進んでいましたw
〜フリートーク〜
キャストほぼ勢ぞろいで賑やかです。進行は阿部さん。
テーマトーク1『尊敬する先輩は?』
テーマトーク2『写真集を撮るなら、どこでどんな写真を撮りたい?』
中村さんのコメントに対して、後ろから杉田さんのツッコミがよく聞こえますw
中井さんの尊敬する人は子安さん、スタジオごとに自分の部屋を持っているから!?だとか
石田さんの写真集は、ギャラさえよければ何でもやりますよー(投げやり)だそうで・・やる気なし!
基本的に皆さん、尊敬する先輩は?で個人名は出しませんね(笑
沢城さん、森川さん、櫻井さん、麦人さんは単独コメント。
posted by びたみん at 22:56| '13年〜'17年CD&DVD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

今日のあきらさん明日のかつゆきさん57回

祝!今回から無料配信!!ということで。感想は手短に。

以心伝心。初めて二人の間に挨拶テレパシーが通じましたねw小西さん。
そして、なんと今回、石田さんのお誕生日祝いに『河童捕獲許可証』をプレゼント!(笑
去年、「サプライズ的なものはいらない」と石田さんに言われたから〜と、スタッフさん、今年はしっかり誕生日会をすることを台本に書いてあったそうで。しかも、『河童捕獲許可証』まで取り寄せて・・・
大変ですね〜クリギムは本当に何もしなかったのに。
さらに、河童を捕らえるイベントの為に福さんをそそのかして河童役をやらせようと、本人が居ない間に企んでいるし!まったく汚い大人たちですw

番組最後に石田さんが語った今後の抱負は「今年も無事に生きる」そして「少し前向きな人間になりたい」。
とりあえず・・・"今年を無事に生きる"だけは、ぜひとも実行していただきたいです。
posted by びたみん at 22:25| ラジオ・アニメージュTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LIFE!地上波#4

8月ぶりの放送でしたね!
そして、ムロさんがトークパートにいるwムロさん良かったねv

今回OP前の『自慢の味』から、結構好きなタイプのコントが目白押しでした。
『宇宙人総理』も最初のインパクトには及びませんが、安定しておもしろかったですし
『野球部のみんな』(悪意のないフルボッコ)、『女子目線』(ツカ子!?)、『旅立つ妹へ』(コンテンポラリー・ダンス再び!)、『まっすぐ彦介』(たまに本気でいるタイプ・・・)、『持ち込もうとする男』(ムロさんのうざい男の演技がすごい!)、ロケの牛乳&コーヒーダブル飲みも含めて、全体的に今回おもしろかったですね。
なかでも『現場中継1〜3』は#4で一番好きなコントでした。
本物のニュース番組でも、画面に見切れて映る人って気になるんですよね〜
しかも、なんだかほっこりするラストだったし。素敵でした。
『大詰め』はコケる男ウッチャンの本領発揮でしたねw
対局相手の塚地さんの表情の芝居も笑いを誘いました。
そして、次回予告の「次回、年末SP、放送するのか、しないのか!?」なナレーションに思わず「どっち!」とツッコまずにはいられずw『Spice of Life 』のコーナーでもナレーションが真面目にふざけているのがツボでした。

次回、本当に年末SPを放送するのか?しないのか??楽しみに待ちたいと思いますv
posted by びたみん at 14:16| ウンナンさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

由布院の旅

湯布院久しぶりに由布院に行ってきました。
行く度に観光地化(物価とか)が激しくなっている気がする・・・
まぁ、綺麗にはなっているんですけどね。
湯布院以前行った時には駅のホームに足湯がなかったので、浸かってみようかな?と思っていたら、切符を持ってホームにいても、別に外で足湯券(160円)の購入が必要だと駅員さんに言われました。ちょっと面倒くさい・・・・(金額はリーズナブルですけど)
乗り継ぎのついでとかには浸かれないのね、これ。

湯布院今回、個人的にサプライズだったのは、帰りの電車待ちで『ななつ星』に遭遇したことでした。
エンブレムを近くで触れたよv
湯布院入場券買ってでも、近くで見たい人がホームに押し寄せていて、望遠カメラ片手に連写する人や窓に張り付いて中を覗き込む人と様々で、たまたま列車に残っていた乗客が苦笑いしていました。
・・・物珍しさでジロジロ見られている様は、まるで動物園の動物のよう
・・・あれは、乗客にとっていい迷惑だろうなぁ・・・
この駅、あまり普段は長い車両の電車が停車しないのか、『ななつ星』の最後尾までホームが足りていなくて、残念ながら最後尾は見ることは出来ませんでした。

湯布院ちなみに、今回。行きは"ゆふいんの森号"に乗ってみました。
車高が高いので景色は良いけどけっこう揺れる(笑
湯布院そして、列車内の売店のお姉さんが、客一人一人の世間話に付き合うので、行列がさばけない。
お弁当と車内販売グッズ買うのに一駅分以上立って、売店に続く通路に並びっぱなしだったから、あんまり景色関係なかったよw
生憎の雨でもあったしね。
でも、さすが観光列車、『慈恩の滝』は徐行してくれるし、『豊後森機関庫』もばっちり観れました。
そういえば、由布院でお煎餅を買ったお醤油屋さんがくれました。↓
よくよく考えたら、『湯布院』って字が入ってるお土産コレだけだ(笑
湯布院

道中の列車いろいろ
湯布院湯布院湯布院


posted by びたみん at 18:28| 日常日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イベントDVD DICE&GUNS

行けなくて、イベントレポートを見ながら雰囲気だけ楽しんでいた最遊記&WAのイベントDVDがやっと見れましたv
冒頭の影ナレは会場では本人達の姿は見えたのかな?それともアレはバックステージ?
イベントは、たぶんセットの組み換え等をカットでほぼ完全収録のように見て取れましたけど、どうなんだろう?(そういえば、最近は楽屋の映像とかは入らなくなりましたね〜)
危惧していた、峰倉先生登場のサプライズイベントもしっかり収録されていて、本当にありがたかったです。
すっごい遠目だけど、初めて峰倉先生を見れたよwきっと会場もこんな感じだね。
さすがにアップの映像は無かったですけど、声も初めて聴く事が出来て、ちょっと感動。

さて、本編のイベントですが、本当に昼の部の保志さん&平田さんの司会は想像通りグダグダで(笑)
あー、石川さんイライラしてるんじゃ?と見ていてハラハラしましたが、同時にオープニングから腹を抱えて笑いました。相変わらず保志さんの天然っぷりはすごいな!
平田さんのボンジーも懐かしかったです。
最遊記組の進行のおかげで、夜の部WA組の流れるような進行が際立ちましたw
そりゃ、WA組は峰倉先生に文句も言いたくなるよな・・・でも、最遊記ファンとしても、出演者だけじゃなく、あのグダグダ進行が普通だと思っていたんだよ!(笑

最遊記&WAの合体ドラマは妙に『ドリキャス』という単語に時代を感じましたね。セガ・・・
しかし、生アフレコもこのメンバーで見ると壮観ですね。さすが、最年少が41歳のチームw
石田さん&平田さんはアフレコ時に電卓打ったりとか相手を見たりとか、一緒に動作も付いてくるのが面白い。
イベントレポートに『昼の部で石田さんは傍観者だったのが、夜の部では見るに見かねて進行に加わる』っていうのを見かけて、今回、DVDで確認すると、本当にその通りで笑いました。石川さんが「石田さんがホローするって・・・」と呟いていたのが更に可笑しかったです。
名セリフ&シーンのコーナーは、シリアスなセリフが多いだけに、最遊記の4人がセリフ再現している時のBGMがちょい邪魔だったですね。
あと、所々、客席に画面が切り替わ部分が、客席があまりに暗いので、一瞬、暗転の映像トラブルかDVDの画像エラーかと、いちいち焦って大変でしたw
ま、何はともあれ、気になっていた石田さんバージョンのカミサマが聴けて幸せですv(夜の部)

そして、やっぱり何年経っても、あのグダグダトークがたまらなく好きだと再認識したDVDでした。
posted by びたみん at 17:35| '13年〜'17年CD&DVD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

お誕生日おめでとうございます。

kitaro.jpg46歳ですね〜石田さん。
おめでとうございます
今年もやってきた!
石田彰聖誕祭というプチ祭w
もう、永いことその声を聴いてきて、気づけば半生、すっかり生活の一部になっています。
びっくりです。

結城理。劇場公開までにはちゃんと名前を頭に叩き込むぞっ(笑
今日、やっと本屋で電撃マオウを見つけて"つままれキタロー"ゲットしましたv
なかなか売ってなかったよぉ
posted by びたみん at 00:00| 石田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする